Google次世代のSMSにRCSを導入

Google(グーグル)がAndroid(アンドロイド)のデバイスにRCSを導入します。

RCSは、SMSの進化版のようなもので、すでにApple(アップル)iPhone(アイフォン)ではSMSではなく、MMSメールで、音声や動画などを送ることができ、メッセンジャーアプリのような機能を搭載しています。Google(グーグル)の今回の通信キャリアのSprintで、Android(アンドロイド)デバイスを使用するSprintのユーザーは今日からRCSメッセージングサービスを利用できるようにもなります。

RCSで、グループチャットや、よりきれいな画像のシェアできたりといろいろな機能が充実します。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

Google(グーグル)は、2015年9月にRCSのプロバイダーJibe Mobileを買収し、今回のSprintが提供する新しいサービスはJibeのクラウド・プラットフォームによって新しい機能をさらに充実させる。

Sprintと契約しているユーザーは、Google(グーグル)のMessenger(メッセンジャー)を使ってRCSを利用することができるようになります。

今回のGoogle(グーグル)のMessenger(メッセンジャー)機能は、良さそうですが、Hangout(ハングアウト)や、個人的に期待をしていたGoogle Alloを試してみましたが、Google Assistant(グーグルアシスタント)は良い機能だとは思いますが、日本語に対する反応が悪く、スタンプなんかもアメコミのようなデザインであまり面白みがなかったので、正直前評判で期待度が個人的に大きすぎたため、少し残念な結果にあります。

とりあえずは、ちょっと試しに使ってみましょう。

コメントを残す