Googleアシスタント日本語対応でチャット市場独占?

Google Assistant(グーグルアシスタント)が2017年12月に日本語対応をしました。

それまでのGoogle Assistant(グーグルアシスタント)は、英語のみの対応でした。

Meet your Google Assistant, your own personal Google

真っ先にGoogle Assistant(グーグルアシスタント)が使えるメッセンジャーアプリGoogle Allo(グーグルアロ)ローンチ直後にダウンロードしたのですが、Google Assistant(グーグルアシスタント)が使用できたのは英語のみ。

It’s here. Meet your Google Assistant.

とりあえずGoogle Assistant(グーグルアシスタント)を英語で使っておりましたが、ようやくGoogle Assistant(グーグルアシスタント)が日本語に対応。

しかし、個人的には、Google(グーグル)の力を持ってでも、現時点ではGoogle Assistant(グーグルアシスタント)の人工知能(artificial intelligence/AI)はまだこれくらいの機能かと個人的に期待度が高すぎたために少し残念。

音声認識に関しましても、まだ皆さんも良くあることだとは思いますが、きちんと聞き取りしてくれない。

大手テック業界を力でも、まだまだ研究開発が必要ということですね。特に日本語という言語に関しましては、特に難しい言語だと思いますので。

Google Assistant vs Siri

でもこれからは進歩する一方だと思いますので。
Google Assistant

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です