Googleの機械学習TensorFlow(テンソルフロー)とは

Google(グーグル)のTensorFlow(テンソルフロー)とは、人工知能(artificial intelligence/AI)、機械学習(machinelearning)ディープラーニング(Deeplearning)、多層ニューラルネットワークライブラリです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

Google独自の人工知能開発か?!

GoogleとBlizzardが人工知能のゲームをローンチ

機械学習(machinelearning)とは、人間が学習するのと同じように機械が学習することを目指した人工知能研究の1分野です。ディープラーニングは機械学習の中の1つです。

ディープラーニング(Deeplearning)とは、ニューロン(神経細胞)が信号の受け渡しをすることにより情報処理をしているという脳の仕組みを、ニューラルネットワークとしてコンピュータ内に実現し、それを多層化したものです。

Tensors Flowing

Google(グーグル)にとりましては、人工知能(artificial intelligence/AI)のディープラーニング(Deeplearning)は、音声認識や自然言語処理(翻訳)、Google検索エンジン(画像検索/ウェブ検索最適化)、Googleフォト(顔認識/被写体認識)、Gmail(メール分別)、Inbox(メール自動返信文作成)、YouTube、広告事業など、現在は、かなり重要なコアなテクノロジーの一つなのです。

TensorFlow: Open source machine learning

Google DeepMind Challenge Match

Google独自の人工知能開発か?!

GoogleとBlizzardが人工知能のゲームをローンチ

TensorFlow(テンソルフロー)とは、線形の量を表す概念で、多次元データ構造を表すものです。TensorFlow(テンソルフロー)は、多次元データ構造を流れるように処理し、ディープラーニングを行います。

TensorFlow(テンソルフロー)の特徴として、データフローグラフによる柔軟性、ローレベルオペレータも手書きできる汎用性、高いパフォーマンス、スケーラビリティ、研究レベルから実プロダクトまで扱える効率性などがあります

利用方法例として、画像に写っているものを認識して文章化するアルゴリズム、各種数値計算、自然言語処理(翻訳)、など多岐におよび、新しい応用分野が広がり続けています。

昨年、Google(グーグル)は、TensorFlow(テンソルフロー) をオープンソース化しております。

参考文献:
TensorFlow

Google Developers Blog

DeepMind

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す