中華人民共和国の過熱受験戦争の日

本日2017年6月7日は中華人民共和国(China)でいろいろな意味で世界で最も厳しいと言われている難関試験全国普通高等学校招生入学考試(中華人民共和国名:高考/ガオカオ/Gaokao)が始まっています。

この日で中華人民共和国社会で生き抜くには、人生が決まってしまうと日とも言われている。

そういった理由からガオカオ(Gaokao)でのカンニングの横行も凄いようで、カンニング対策も凄い。

今まで取り上げられてこなかった、ガオカオ(Gaokao)。
韓国の受験戦争をも上回る過熱ぶりです。

この中華人民共和国の大学受験試験ガオカオ(Gaokao)は非常に中華人民共和国っぽい大学入学試験システムです。

まず、日本のように大学入試センター試験があったり、各私立大学の入学試験の日程調整を行うようなことがない。
つまり全国普通高等学校招生入学考試(中華人民共和国名:高考/ガオカオ/Gaokao)一発の試験で、どこの大学に入学できるのかが決まってしまう。

しかも大学入学試験の合格者は出身地域によって入学できる学校への入学人員が割合が割り当てられている。

都心部出身者には農村地域と比較して志望大学への入学人員が多く割り当てられ、農村地域の出身者と比較すると非常に有利で、農村出身者にとりましては、非常に狭き門となり、非常に奇妙な受験システムです。

日本でもアメリカ合衆国でもイギリスなどでも大学受験システムには疑問があります。

良い大学に行くためにはそれなりの勉強時間が必要とされます。

しかし、生活環境によりましては、勉強が好きでも生まれてきた環境によっては、研究したい分野があるにもかかわらず、家庭環境などによりましては大学進学を断念しなければいけないという人たちも多い。

勉強ができるということは努力の賜物です。また、良い大学に行くということは、さまざまな分野で優れている人材が集まっていて、より良い研究や事業を行うためには、周囲に優れた人たちがいるという意味では、とても良い環境です。また、大学に進学するということは、今までの小さな世界からさらに広い世界へ出るという意味では非常に良いことだと思います。

しかし、勉強だけができても意味がない。結局社会に出て、接触するのは人間ですから、いろいろな人は方程式では解けません。

人の心を読めたり、プレゼン能力も大切ですからね。

Hmm…

この中華人民共和国(China)のガオカオ(Gaokao)の様子やドキュメンタリー動画です。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す