小学生のおもしろ珍解答…間違えてはいない…

小学生のおもしろいテストの解答。

渋すぎる…。

でも間違えてはいない。

テストの質問は、「童」をつかって文を一つ作りましょうという問題です。
例として「(れい)むかし読んだ童話を読みかえす。」と書いております。

そして小学生の解答がこちら。

画像がはっきり見えないので、わかりませんが、先生も正解で〇を付けていると思われます。

確かに間違えていないですし、シブい小学生ですね。

正解も大切ですが、正解の先の機転の利いた、テンプレートにないような解答は、良いのではないでしょうか。
そもそも例として「(れい)むかし読んだ童話を読みかえす。」と書いてあるにもかかわらず、天童よしみさんとは…。

どこかの童話に天童よしみさんがでているのかどうかが気になります。

恐らく、ある程度の年齢の方でしたら、このような解答の先の機転の利いた「天童よしみさん」という名前は出てくるとは思いますが、小学生で天童よしみさんが出てくるとは…。

問題に正解しながらも、何となく、生活感などもちょっとうかがえるような解答で良いのではないでは??

こちらは結構前のコンテンツです。確かに問題の矢印の位置が…。

このようなコンテンツ嫌いではないです☺☺

REST APIなどでも吸い上げられないような、小学生の珍解答がたくさんあるので、シリーズ化してみようか…。