SpaceX(スペースX)ファルコン9(Falcon9)

スペースX(Space X)のファルコン9(Falcon 9)やドラゴン(Dragon)などの画像動画スペックなど。

ファルコン9(Falcon 9)

First Stage
ファルコン9の最初の段階は、液体酸素とロケット級灯油(RP-1)推進薬を含む9個のMerlinエンジンとアルミニウム – リチウム合金タンクを組み込んでいます。着火後、解放前ホールドシステムは、ロケットが飛行のために解放される前に、全推力性能について全てのエンジンが確認されることを保証する。その後、最大出力で5つ以上の747の推力を持つMerlinエンジンは、ロケットを宇宙空間に打ち上げます。飛行機とは異なり、実際に高度が上がるとロケットの推力は増加します。ファルコン9は、海面で170万ポンド以上の推力を発生させるが、宇宙の空中では180万ポンド以上の推力を得る。第1段階のエンジンは、第1段階の飛行の終わり近くで、ロケットの質量が燃料の燃焼と共に減少するにつれて、発射車の加​​速を制限するように徐々に抑制される。
エンジン 9
燃焼時間 162秒
海面での推力 7,607kN 1,710,000lbf
真空中での推力 8,227 kN 1,849,500 lbf

Second Stage
単一のMerlin真空エンジンによって駆動される第2ステージは、ファルコン9のペイロードを所望の軌道に運ぶ。第2ステージエンジンは、ステージ分離後数秒で点火し、複数のペイロードを異なる軌道に配置するために複数回再起動することができます。信頼性を最大にするために、第2段階には冗長イグナイタシステムがあります。第1段階と同様に、第2段階は高強度アルミニウム – リチウム合金から作られる。
エンジン 1
燃焼時間 397秒
推力 934kN 210,000lbf

概要
高さ 70 m 229.6 ft
質量 549,054kg 1,207,920ポンド
LEOへのペイロード 22,800kg 50,265ポンド
火星へのペイロード 4,020kg 8,860lb
直径 3.7メートル12フィート
ステージ 2
GTOへのペイロード 8,300kg 18,300lb

Orbital Test Vehicle 5 Mission

SES-10 Mission | Falcon 9 First Stage Landing

昔のドラゴン(Dragon)
Crew Dragon Artist Depiction
Falcon9

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)