FacebookMessanger新プラットフォーム

Facebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)のプラットフォームがアップデート。

Facebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)のプラットフォームにアップデートがあり、Facebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)へのリンクにパラメータを埋め込めるように。

Google(グーグル)やWordpress(ワードプレス)などと比べると、少し遅いような気がしますが、自分たちの運営しているFacebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)がどこから訪問したのかを教えてくれるようになったようです。パラメーター機能の追加によって、どこへFacebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)を強化すべきか、または、今後のマーケティング戦略として、今はパラメーターの数値が低くても、どこどこへのFacebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)への強化をしてみようかなどを試すことができます。

さらにこのパラメーター機能によってチャットボット(チャットbot chatbots)が少し柔軟に?!ものは試しにFacebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)の公式Webサイトより動画を。

チェックボックスプラグインが利用可能になり、ユーザーの方たちが、よりご利用しやすい環境に。
例えば、Facebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)を活用しているユーザーの方たちに、今後もメッセージを送っても良いかどうかなどをお問い合わせをすることができる。

個人的には、チャットボット(チャットbot chatbots)や人工知能(artificial intelligence/AI)がもっと、身近なものになって、これは賛否両論あるかもしれませんが、もっと簡単にいろいろなテクノロジーをより身近に体験できるようになればと思います。とは言え、Facebook Messanger(フェイスブックメッセンジャー)に限らずさまざまなサービスが、より身近に体験できるように開発されておりますが…。

興味のある方は、いじってみてください。

ちなみにわたしたちは非エンジニアですのでlol

Facebook Developers

英語が読める方は直接こちらの公式ブログを見た方が早いかもしれませんlol

(参照:Messenger blog

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す