シェアする

仮想通貨ビットコイン

ブロックチェーンは、1990年頃にスチュアート・ハーバー(Stuart Haber)とスコット・ストーネッタ(Scott Stornetta)によって提唱された暗号化され、安全に取引を行うことができるように提唱された理論で、ビットコイン(bitcoin)が話題にはなっていますが、例えば仮想通貨(Virtual currency)などがブロックチェーンの良い例ではないでしょうか??

日本でも数年前にビットコイン(bitcoin)に関しましては、事件があり、注目をされましたが、最近では、北朝鮮によって暗殺されたと見られている金正男(キム・ジョンナム/Kim Jong nam)の長男金漢率(キム・ハンソル/Kim Han sol)を保護した団体千里馬民間防衛(Cheollima Civil Defense)が仮想通貨ビットコイン(bitcoin)で脱北者の寄付を募ったことで、また日本でも仮想通貨ビットコイン(bitcoin)への注目が集まってきています。

個人的には、ブロックチェーンの仮想通貨(Virtual currency)で、ビットコイン(bitcoin)の次に位置しているイーサリウム(Ethereum)のヴィタリック・ブテリン(Vitalik Buterin)なんかは、気になる存在ではありますが…。

最近では、海外では当たり前のように利用され始めている仮想通貨ビットコイン(bitcoin)。

時代が時代ならば仕方がないとは思いますが、一体どうなのでしょう??

そもそもブロックチェーンは、本来取引などの履歴の変更や消去することもできずに、シンプルに取引の履歴などを追加していくシステムだと言われておりますが。なので、極端な話しにはなりますが、永遠に取引を記録し続けるというようなもの…。

仮想通貨(Virtual currency)はどうなっていくのでしょう??

個人的には、テクノロジー(technology)が進化しすぎて怖くなる時が多くあります。むしろアナログですが、昔のひとたちのように物々交換をした方が人間らしくて、最先端のテクノロジー(technology)に感じることが多々あります。

あらゆるものがゲーム感覚で進んでいるように感じることに危機感を感じます。

シェアする

フォローする