ドローンをいじる

ドローンをカスタム。

ドローンをカスタムするために、オンラインショッピングなどをみておりましたが、日本ではドローン自体の普及が遅れているので、ドローンのパーツががあまりなく、一応アマゾンで見てみましたが、Amazon USAに飛んでしましました。
参考:https://www.amazon.com/Quadcopters-Accessories/b?ie=UTF8&node=11910405011

結局、トイドローンをカスタムしたいので、ホームセンターなどで、現在ドローンのパーツを収集中です。

海外製のドローンなので、なかなか合うパーツがないので、それらしきパーツを購入してカスタムするしかないかもしれません。

ちなみに、当然ですが、ドローンを操縦される方で、以前ニュースになったようなドローンで迷惑となるような行為はやめましょう。

国土交通省で、ドローンなどの無人飛行機の飛行について、民間団体の技能講習や資格を取得することを推奨はしておりますが、あくまでもこの民間団体のドローンに資格任意であることを国土交通省は公表しております。つまり、現段階ではドローンに免許は必要がなくても操縦可能であると認識される内容を公式ウェブサイトで公表しておりますが、重さや航空法などの法律などもしっかりと確認してください。
参照:国土交通省

参照:国土交通省 ➡ http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000040.html

平成27年9月に航空法の一部が改正され、平成27年12月10日からドローンやラジコン機等の無人航空機の飛行ルールが新たに導入されることとなりました。
今回の法改正により対象となる無人航空機は、「飛行機、回転翼航空機、滑空機、飛行船であって構造上人が乗ることができないもののうち、遠隔操作又は自動操縦により飛行させることができるもの(200g未満の重量(機体本体の重量とバッテリーの重量の合計)のものを除く)」です。いわゆるドローン(マルチコプター)、ラジコン機、農薬散布用ヘリコプター等が該当します。

許可が必要になる空域について➡http://www.mlit.go.jp/koku/koku_fr10_000041.html

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です