日本のVCとアメリカのVCの違い

日本はとても良い国です。大好きな国です。

しかし、日本の市場はもっと開かれた市場になるべきだと感じます。

日本にもVC(ベンチャーキャピタル)はありますが、かなり限られています。

さらに優秀なVC(ベンチャーキャピタル)に限らず、出る杭は打たれてしまうという日本の社会構造を変えた方が良いように個人的には感じます。

日本にも優秀な能力を持った方が多くいます。しかし、資金がなくて起業できなく、結局埋めれていってしまうということが多々あります。

一方でアメリカ合衆国では、優秀なVC(ベンチャーキャピタル)が多く、将来性があると思われれば、資金がなければ、資金を集めようと思ったらいくらでも集められるというようになっています。アメリカ合衆国のVC(ベンチャーキャピタル)は、魅力のある小さなスタートアップ(startup)を常に選定をしています。

日本の市場の場合、昔の社会構造はそれはそれで良かったのだとは思いますが、実際に世界から取り残されているのは、閉ざされた市場が要因の一つのように感じます。

韓国(大韓民国)を否定するわけではないのですが、韓国(大韓民国)は、本当に一握りの財閥によって国が成り立っています。言い換えれば、財閥が崩壊すれば、国家の存続にも大きな影響を与えます。

また、閉ざされた社会構造では、優秀な人材が海外へ流出してしまうというリスクもあります。

そういった意味では、日本も既得概念などが未だに存在し、実際に世襲制の企業が多い。さらに世界からの遅れを食い止め、また世界を市場に戦えるようになるためには、優秀な人材が埋もれないような社会構造にしなければいけないように感じます。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す