将棋棋士藤井聡太棋士の影響で今になってキュボロが注目?!

Cuboro(キュボロ)を皆さんはご存知でしょうか??

以前からCuboro(キュボロ)のような玩具はすでに注目を集めていましたが、天才将棋棋士羽生善治棋士を先日破った新星中学生棋士藤井聡太棋士が幼少期の頃遊んでいたおもちゃの積み木として一躍注目を集めたCuboro(キュボロ)。

個人的にCuboro(キュボロ)のような玩具をプログラミングの勉強に役立つとしてご紹介をさせていただいておりましたが、将棋棋士藤井聡太棋士の登場で現在は売り切れ状態のようですね。

Cuboro(キュボロ)は、わかりやすく説明をすると、穴の開いたいくつかのブロックをさまざまな形に組み立て、玉を落とす道を組み立てていくという遊びのおもちゃです。

ちなみにCuboro(キュボロ)は、スイスのおもちゃ。

Cuboro(キュボロ)のようなおもちゃは、プログラミングの基礎にも使えますし、藤井聡太棋士のように将棋でも、スポーツの分野にも役立つということで、注目を集めている玩具です。

自ら考えるというおもちゃ。

詰め込み教育の時代はもはや過去の過去。このような発想力が昔よりももっと要求されるようになっていく社会の中では、とてもおもしろいおもちゃだと思います。

個人的には、ジャングルジムが危ないと言われ、今の学校では見かけないようになってしまいましたが、ジャングルジムも考えますし、ときにケガを確かにすることはありますが、痛みを知るということも大切なように感じます。。。

コメントを残す