ジモティーもメルカリアッテもルーツはクレイグズリスト

今や人気のフリマアプリやトレーディングウェブサイト(Website)やアプリ。
例えばジモティーやメルカリ関係なんかのクラシファイド(classifieds)広告。


http://jmty.jp


https://www.mercari.com

すべてのルーツはCraigslist(クレイグズリスト)??

今人気の売りたい人と買いたい人を結びつけるウェブサイト(Website)やアプリが流行ですが、すべてのモデルはCraigslist(クレイグズリスト)だと思います。

昔にブロガー(Blogger)か何かで何となく書いたのですが、こういったトレーディングシステムを構築したのはCraigslist(クレイグズリスト)では??

かなり前の情報ですが、Craigslist(クレイグズリスト)の構成を図解している方がおります。

参照:The Gong Show

いやあうまくできていますね。

つまりさまざまな情報を集めたキュレーションメディアです。おもしろいことにキュレーションメディアもキュレーションしていますね。

Craigslist(クレイグズリスト)は1995年にサービスを始めていて、海外に暮らしたことのある方ならCraigslist(クレイグズリスト)にお世話になった方も多いのでは??

こういったCraigslist(クレイグズリスト)をモデルとしたクラシファイド(classifieds)広告サービスが日本でも未だに人気ということは、こういったクラシファイド(classifieds)広告サービスも作ってみようか検討中です。

ちなみに日本ではあまり流行らないCraigslist(クレイグズリスト)ですが、クラシファイド(classifieds)広告ではユーザー数はトップで月間で約80億人が活用しているということですので、こういったクラシファイド(classifieds)広告はまだまだ良いのかもしれませんね。

コメントを残す