会話型人工知能(Conversational artificial intelligence)

会話型人工知能(Conversational artificial intelligence)。

人工知能(artificial intelligence/AI)自体を作るのにも、ビッグデータ(bigdata)などを作るための時間や人手が必要です。

また、現時点では、人工知能(artificial intelligence/AI)はまだ不完全のような気がします。特に日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)を作るのことは、難しい…💦

それでも会話型人工知能(Conversational artificial intelligence)を開発してみたい。

そうすると、さまざまな問題が立ちはだかります。

会話型人工知能(Conversational artificial intelligence)を作るためには、自然言語分類(Natural Language Classifier)や音声やテキストを認識するような自動音声認識 (speechrecognition)、深層学習(deeplearning)、機械学習(machine learning)や今では、画像認識(Visual Recognition)などの機能を搭載させなければ、最低限の人工知能(artificial intelligence/AI)と呼べるものは作れないように感じます。さらに会話型人工知能(Conversational artificial intelligence)のロボット(robots)なんかを作るとすれば、現時点では、さまざまな能力を持った専門分野の方たちの力も必要ですし、コストも掛かります。

ましてやわたしたちはまだまだ小さなスタートアップ(Startup)。

現時点で、会話型人工知能(Conversational artificial intelligence)を作るのであれば、IBM Watson(IBMワトソン)やAmazon Lex(アマゾンレックス)が良いように個人的には思います。

IBM Watson(IBMワトソン)やAmazon Lex(アマゾンレックス)を活用することで、深層学習技術と同じ技術を利用して、自然言語(Natural Language)での高度な対話型のチャットボット (chatbots)を短時間で簡単に構築できますからね。

それでも、最近いろいろと個人的に考えることは、テクノロジーの進化や発展で、便利になる一方で、人の温もりを感じることも非常に大切なように強く感じております。

例えば、人工知能(artificial intelligence/AI)ロボット(robots)が作った食事を子供たちが食べたらどういう人間に成長するのでしょう?
それが例え、一流の料理だとしても、または、実の母親の料理のレシピを人工知能(artificial intelligence/AI)ロボット(robots)が深層学習(deeplearning)して作ったとしても、実際に生きている子供たちは人の温もりを感じられるのか疑問です。

かつては、テクノロジーの最先端を行くことがすごいとか、かっこいいなど思っておりましたが、逆に少しだけ便利な機能や技術は取り入れて、あとは、アナログ過ぎるほどアナログなことも、ある意味最先端なように感じるというジレンマに非エンジニアながら陥っております。

IBM Watson Conversation Service Overview-video動画

Introducing Amazon Lex, now in Preview-video動画


IBM Watson Conversation
Amazon Lex

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です