Chromebookはどうなのか??

Google(グーグル)のChromebook(クロームブック)は一体どうなのか??

Google(グーグル)のChromebook(クロームブック)はMicrosoft(マイクロソフト)の例えばSurface(サーフェス)と何が違うのか?
Apple(アップル)のMacbook(マックブック)などとは何が違うのでしょうか??

ちなみにこのようなCTLのGoogle(グーグル)のChromebook(クロームブック)ではこのようなかわいいChromebook(クロームブック)なんかも?!

CTL

Google(グーグル)のChromebook(クロームブック)は非常に気にはなっているのですが、手にとって実際にいじったことがないのでわかりません。実際にGoogle(グーグル)のChromebook(クロームブック)を欲しいということも否めません。

Google(グーグル)のChromebook(クロームブック)の特徴はメインでは、わずか数秒で起動してくれ、ウイルス対策機能を備え、管理もしやすく、主要なビジネスアプリも実行できるという点だそうです。

また、Chromebook(クロームブック)の従来のパソコンとの違いについては、感触も普通のノートパソコン… ただし、Chromebook(クロームブック)はスピードと使いやすさを追求した新しいタイプのパソコンで、Chromebook(クロームブック)のオペレーティング システムである Chrome OSには、便利なGoogle(グーグル)アプリやセキュリティ機能が組み込まれており、一元管理を簡単に行えるなど、従来のパソコンにはない特長があります。
(参照:Chromebook

いずれにしましても、かつてはほとんどMicrosoft(マイクロソフト)が開発するウェブブラウザであるInternet Explorer(インターネットエクスプローラー)がほとんどでしたが、最近では、好みにもよるとは思いますが、ウェブブラウザは、Chrome(クローム)がほとんど…

開発者の多くもウェブブラウザは、Chrome(クローム)か好みや用途によってMozillaのFirefox(モジラファイアフォックス)なんかを使う方の方が増えているように感じますからね…??

いずれにしましても、Chromebook(クロームブック)を購入して試してみたい。

また家電貧乏です…

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す