なぜ中華人民共和国の製品やサービスは手を出しづらいのか…

なぜ中国こと中華人民共和国(china)の製品やサービスを購入しないのか。

中国こと中華人民共和国製品(china)やサービス(service)をなぜ購入しないのか。

それは、プライバシー(privacy)などのさまざまな権利が関係します。

中華人民共和国の技術の進歩は凄いです。技術的な進歩に関しましては、もちろん認めます。

ではなぜ中華人民共和国の製品(producs)やサービス(service)を購入しないのか。もしくは、手を出しづらいのか。

それは言論の自由などの権利(rights)やプライバシー(privacy)の保護などのさまざまな権利の保護が保障されていない中華人民共和国の法律に従わなければいけないことが利用規約に盛り込まれ、それに同意しなければいけないことが多々あります。もちろん悪さに使うということではない。

すでに位置情報の関係などで、さまざまなプライバシーなどに関しましては、製造元などへ見えないところでデータ(data)収集されていることは当然承知ではあります。誰でもわかりやすい例を出せば、スマホなどの携帯端末の位置情報が良い例では??どこにいても位置情報は把握されているということです。

なぜ中華人民共和国製品(producs)やサービス(service)の購入を躊躇するのかというと、さまざまな権利が統制されている中華人民共和国の法律に同意したものとみなされることが多いからです。以前投稿した記事にも書かせていただきましたが、HUAWEI(ファーウェイ)の利用規約について日本人ユーザから怖いという声が多かったこともあります。

中国こと中華人民共和国の製品(producs)やサービス(service)をいろいろと試してみたいということは、正直なところではありますし、中華人民共和国企業の某製品を購入しましたが、確かに個人情報(personal information/Personally identifiable information)などのプライバシー(privacy)の保護について、少し怖いものがありました。

中国こと中華人民共和国の製品価格は安いですが、アフターサービスは有償であったりということもあります。ましてや個人情報(personal information/Personally identifiable information)などのプライバシー(privacy)に関して考慮すると、総合的に考慮すると製品(producs)やサービス(service)が安いのかどうかということも考えてしまう。

価格費用が安いということは、消費者側にとりましては良いことではありますが、アフターサービスが無償できちんとされるのか。または個人情報(personal information/Personally identifiable information)などのプライバシー(privacy)の保護はきちんとされるのかということを総合的に考慮すると、どうなのかというところです。

ちなみに中華人民共和国本土では、財布がいらなく、電子決済が普通ということが話題になっておりますが、日本もこのようなことができるにはできますが、プライバシー(privacy)の保護などのさまざまな権利の保護というものが関係するからこのようなことをしていないということがあります。

とはいうものの、中華人民共和国の製品以外でも、少なくとも製品やサービスなどの提供企業などへ個人情報(personal information/Personally identifiable information)などのプライバシー(privacy)は、取得されているということも言えます。さらに最近では、個人情報(personal information/Personally identifiable information)などのプライバシー(privacy)などの関係で、個人情報(personal information/Personally identifiable information)などの保護、管理という観点から必要最小限の個人情報(personal information/Personally identifiable information)を取得するという流れに日本はなっていると感じます。

中華人民共和国の製品やサービスが悪いということを言っているわけではなく、むしろ中華人民共和国の製品やサービスなどをもっと試したいのですが、どうしても個人情報(personal information/Personally identifiable information)などのプライバシー(privacy)保護などに関するところが気になるということです。

しかし、いろいろなSNSなどで自ら個人情報(personal information/Personally identifiable information)をさらけ出したり、セルフィー(selfie/selphy)とか言って、自ら自らの顔写真などの個人情報(personal information/Personally identifiable information)などを公にさらけ出すような時代でもある…。Hmm…。

いかにおもしろそうなサービス(service)に見せて、ユーザ(user)の個人情報(personal information/Personally identifiable information)などを取得しようとしているのかというデータ(data)収集合戦は、ずっと前からすでにはじまっている。