バーチャル妻逢妻(あづま)ヒカリ

バーチャル妻逢妻(あづま)ヒカリさんがついに2017年11月に発売されます。そしてさらに39台限定ですでに追加販売も決定しているようです。

このバーチャル妻逢妻(あづま)ヒカリを販売するのはGatebox Inc。好きなキャラクターと一緒に暮らせる世界を夢見て研究開発を行っている、次元を超える研究所で、Gatebox(ゲートボックス)は、バーチャルホームロボットを開発研究しています。

バーチャル妻逢妻(あづま)ヒカリの価格値段は、約29万8千円で、ボーカロイド(Vocaloid)のようなキャラクターがホームアシスタント機能も備えているというもので、どうやら現在のボット(bot)に近いプログラムも組み込まれているようで、おもしろいかもしれません。

すでにこういった日本の恋愛事情や夫婦事情について海外メディアからも最近は議論されるところではありますが、すでにこのバーチャルホームロボット逢妻(あづま)ひかりは、海外からの注目も集めているようです。

こちらがバーチャルホームロボット、バーチャル奥さん逢妻(あづま)ヒカリの動画です。Gatebox(ゲートボックス)公式ツイッター(Twitter)などから動画を埋め込みます。

Gatebox(ゲートボックス)おもしろそうな企業です。

しかし、バーチャル妻逢妻(あづま)ヒカリの公式ウェブサイト(website)もすでにあるのですが、設定は年齢20歳とかなり若い奥さんです。