Apple Event 2017 Steve Jobs Theater 【速報】

アップルイベント2017(Apple Event 2017)がスティーブジョブズシアター(Steve Jobs Theater)で開催され、今終了したところです。

今回のアップルイベント(Apple Event)では、いくつかのプレゼンテーションが行われましたが、シンプルに宣伝したかったと思われるところを大まかにまとめました。

Apple Event 2017 Steve Jobs Theater 主な概要

・アップルウォッチ3(Apple Watch 3)
・アップルTV 4K(Apple TV 4K)
・iPhone 8(アイフォン8/アイホン8),iPhone 8 plus(アイフォン8プラス/アイホン8プラス)
・iPhone Ⅹ/iPhone10(アイフォンⅩ/アイホン10)

その中でも一番会場が盛り上がったところは、iPhone Ⅹ/iPhone10(アイフォンⅩ/アイホン10)。特に新しい機能として、今までは、iPhone(アイフォン/アイホン)のロック解除をする際には、スライドでロック解除をしたり、パスワードを入れたり、指紋認証解除をしてiPhone(アイフォン/アイホン)の下部にあるロック解除のためのホームボタンのようなものがありましたが、ホームボタンのようなものをなくし、2つのカメラレンズを搭載させて、Face IDという新機能で、iPhone(アイフォン/アイホン)を顔認証でロックを解除するというものです。また、絵文字(emoji)ならぬAnimoji(アニモジ)というものも新機能として搭載させ、絵文字(emoji)が顔認証と声認証をして、アニメーションのようにユーザーの動作を認識して、ユーザーと同じように絵文字(emoji)も動き、声認証もさせて、ユーザーの言ったことをそのAnimoji(アニモジ)が認識して送信できるという機能でした。また充電もAir Power(エアーパワー)というものでワイヤレス(wireless)充電になります。

感じたこと

iPhone Ⅹ/iPhone10(アイフォンⅩ/アイホン10)などをThe future smartphoneという表現をしており、会場も新しいiPhone(アイフォン/アイホン)の登場に盛り上がっておりましたが、注目していたのは新しいアップルウォッチ(Apple Watch)の機能でした。Siriなどの音声認識の機能も向上し、現時点ではスマートフォン(smartphone)と連動はしてはいるとは思いますが、近い将来は時計で通信のやりとりができてしまう日が近いように感じました。
また、昔から言われていたことですが、チップを身体に埋め込むことで、携帯端末のようなものもなく、通信ができてしまうという未来もそう遠くはないと感じました。

Apple Event 2017 Steve Jobs Theater の様子-画像と動画付き

A11 BIONICやという機能も話題になっておりました。

また、アップルゲーム(Apple Games)には、ARなどの機能を搭載させ、例えば、何もない空間、部屋の中で、スマートフォン(smartphone)一つで、ゲームの世界の中にいるような感じで、プレイできるというDirective Gamesという機能も。

そして、こちらが新しいiPhone 8とiPhone 8 plus。そしてiPhone Ⅹ/iPhone 10です。

そしてこちらが2カメラ(2 cameras)搭載。Face ID(フェイスID)搭載のiPhone Ⅹ/iPhone10(アイフォンⅩ/アイホン10)です。


Apple