Apple(アップル)のSiriの開発者たちが立ち上げた音声認識やAI(人工知能)が優れたVivのローンチが待ち遠しい…

Apple(アップル)のSiriの開発者たちが立ち上げた音声認識やAI(人工知能)が優れたVivのローンチが待ち遠しい…

Apple(アップル)のSiriの開発者たちが立ち上げたVivの音声認識やAI(人工知能)の技術力は群を抜いている。

そんなVivがデモを公開した。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

Apple(アップル)のSiriやGoogle(グーグル)の「OK Google」,そしてMicrosoft(マイクロソフト)のCortana(コルタナ)など音声認識のツールは数多く出ています。

しかし、皆様も音声認識のツールを使用された方は多いと思いますが、思い通りに音声認識してくれないことは多々あると思います…

今までわたしが記事にも書いていたようにAI(人工知能)が追いついていないという認識が払拭できないのはさまざまなデベロッパーページなどを見て、プログラミングはまったくの素人同然ですがそれなりにいろいろといじった結果、お客様にお役に立てるようなツールを開発をしたくて四苦八苦しているのですが、なかなかうまくコーディングができず…

しかしここへ来て、Apple(アップル)のSiriの開発者たちが立ち上げたVivが登場してきて音声認識やAI(人工知能)の技術はかなり進みそうです。

Apple(アップル)などには申し訳ないのですが、Vivは、ずば抜けて音声認識やAI(人工知能)の技術を向上させてくれそうです…

今年はチャットボット(チャットbot chatbots)元年と騒がれていて、すでにチャットボット(チャットbot chatbots)機能を搭載したサービスをいろいろといじってみましたが、やはりAI(人工知能)が追いついていないことがはっきりとわかりましたが、Vivは、しっかりとした自動応答Botに近い仕組みを備えているようですので本当に楽しみです。

まだどのような仕組みかは、実際にいじってみないとわかりませんが、わたしたちの念願のしっかりとしたチャットボット(チャットbot chatbots)の開発ができるかも…

すでにわたしたち人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームもVivへの参加を表明し、只今回答を待っている段階ですが…待ち遠しいです。

そもそもSiriなどのような音声認識のツールは、ひとつの単体のアプリとして動作しますが、料金体系は現時点ではまだわかりませんが、Vivは、デベロッパーが作成したアプリに組み込めるような仕組みを目指しているようです。

すでにGoogle(グーグル)やFacebook(フェイスブック)などテック業界の大手はすでに買収話しを持ちかけているようですが、どうなるのでしょう…

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

Viv

コメントを残す