シェアする

元Google社員のスタートアップモバイルバッテリーANKER

モバイル端末は今や欠かせない時代。

モバイル端末のバッテリー研究開発は進んでいるようですが、現状では未だに大容量のバッテリーの小型化には苦戦している模様。

そこで現在注目を集めているスタートアップがANKER(アンカー)です。

ANKER(アンカー)は2009年、アメリカ合衆国の元Google(グーグル)社員の数名で立ち上げられた企業。主にモバイル端末の充電器が現在では主力商品ですが、安価で大容量のバッテリーを充電できる充電器として人気を集めています。

ちなみに現時点では、Anker PowerCore 13,000(つまり13,000mAh➡スマートフォンで例えると約3回分のバッテリー容量)が約2,800円で購入できる。

販売開始以来、世界各国で、高い評価を受けています。

デメリットは、現在の技術では仕方のないことですが、ある程度スペースをとってしまうということと、少し重いという点です。

しかし、バッテリーがなくなってしまいますからね。

なんとなく個人的な憶測ですが、ある程度ノウハウのあるスタートアップですので、ANKER(アンカー)自身がモバイル端末市場を拡大しそうな気もします。

ANKER Quick Charge (Full Version)-(注:この動画は限定公開となっておりますので、コンテンツの変更や削除される場合がございます。)

ANKER PowerCore 26800-The World’s Fastest Rechargeable Portable Charger

シェアする

フォローする