感謝したい獣医師

何かと政治的な問題で話題の獣医学部。

そういった政治的な問題はまったく関係なく、伝えたい感謝したい獣医さん。

それは、私が小さい頃の話しですが、寒空の中、凍えている犬と猫を拾ってきたことがあります。

もちろん、弱っていた彼らを私は助けたかったが、小さいからお金がない。

どうしようもなく、良い獣医の方なのか、良い動物病院なのかはわかりませんが、とある古びた動物病院に連れて行きました。

失礼ですが、お世辞にもきれいな動物病院ではない。

しかし、弱っていた彼らにワクチンを打ってくれました。
しかも、ワクチンを打って診察を行ってくれたにも関わらず、診察料やワクチン料は全く請求がなかった。

時が経ち、大人になり、それなりに収入を得られるようになって、その動物病院に支払いに行った。
その動物病院は、そのときもまだあり、当時対応してくださった獣医さんもいて、「あのときお世話になったものです。」と言うと、「ああいらないよ」とばっさり。

正直お世辞にもきれいな動物病院ではない。
さらにその動物病院の評判が良いのか悪いのかということも正直わからない。

しかし、ビジネスとは言え、お金にもならない小さな私と弱っていた犬と猫を救ってくれたことには変わりはない。
その動物病院の口コミや評判は正直個人的には関係ない。

ただただ、感謝したいということだけです。

政治的な問題で、愛媛県今治市の獣医学部の新設の問題などで議論されておりますが、真実はわからないので、何とも言えませんが、問題になっている学校法人の獣医学部に行きたければ行けば良いと思いますし、別に動物が本当に好きで、一つでも多い命を救いたいという信念がある方であれば、別にどこの獣医学部に行こうがどうでも良いように感じる今日この頃です。

この愛媛県今治市に新設予定の学校法人の獣医学部新設に政治的な力が仮に働いていたとするのであれば、所謂エリートコースに行けるのかもしれませんが、個人的にはこれだけ問題になっておりますし、現実として、落選した政治家が客員教授として受け皿になっていたり、日本のトップの首相夫人が名誉園長になっていたということを考えれば、本当に賢い獣医師を目指す方達は、いろいろと話題になっている愛媛県今治市に新設予定の学校法人の獣医学部には行かないような気もしますし、行かなければ良いだけの話しのように感じます。

そう言えば、腕は良いのかもしれませんが、一時期よくさまざまなところ絵の露出が多かった獣医師の方が多くの高級ブランドや金のネックレスなどに身をまとい、高級車を何台も所有していた獣医師の方も思い出しました。

何かと話題の愛媛県今治市の国家戦略特別区域と言われている獣医学部新設血の場所周辺の地図です。どうやら愛媛県今治市矢田、小泉1丁目高橋地内と今治市高地1・2丁目阿方地内のようです。西瀬戸自動車道今治インターチェンジ付近で、JR予讃線今治駅周辺のようですので、今治インターチェンジを中心にした場所と衛星地図画像です。

コメントを残す