Android Payで使用されるVisual IDの中のロイヤルティプログラムに顔認識機能を使用??

今ではけっこう有名なウェブサイト(website)には、なりましたが、Apple(アップル)関係の情報やGoogle(グーグル)関連の未公開の情報をいち早く取得するための情報メディア9TO5MACや9TO5GOOGLEが伝えた情報によれば、時期のAndroid Pay(アンドロイドペイ)で使用されるVisual ID(ヴィジュアルID)の中のロイヤルティプログラムに顔認識機能を使用するようなことを報告しています。

Google(グーグル)は、Android Pay(アンドロイドペイ)のバージョン1.22のAPK teardown(APK)でティアダウン、Visual ID(ヴィジュアルID)と呼ばれる機能を見つけ、この機能は、Google(グーグル)のプログラムに参加しているお店などで身分確認することで、ロイヤリティポイントを獲得したり報酬を受け取ることができるようになるというシステムを進めているようです。

Google(グーグル)は、Android Pay(アンドロイドペイ)をローンチ後、ハンズフリー決済システムにも力を入れていて、Hands Free(ハンズフリー)やPilot(パイロット)などのようなハンズフリー決済システムなどにも力を入れています。

とにかく、どこの企業もユーザーをいかに囲いこむのかということに注力しているようで、特にマネー業界では、お金というものに加え、ビットコイン(bitcoin)などの存在も大きくなっていますので、どのようになるのでしょうかねえ。。。

個人的には、実際に「お金」というものが世界共通のツールにはなりますので、昔の人のように実際に「お金」というものを手にした方が良いように思うのですが…。お金を実際に手にしないで、カード決済やアプリの決済などが増えてきて、もはやお金というものが流通しているのにもかかわらず、実際にお金を手にしなくてもネットショッピングやいろいろな決済システムで、買い物ができてしまうことで、「お金」自体がすでに「仮想通貨」になっているようにさえ感じる今日この頃です。
9TO5Google
Google Blog

コメントを残す