AmazonAlexa(アマゾンアレクサ)アプリダウンロード

Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)がSiriを超える?!

Amazon(アマゾン)のホームスピーカー、Amazon Echo(アマゾンエコー)が人気をあつめており、Amazon Echo(アマゾンエコー)に搭載されている人工知能(artificial intelligence/AI)の音声アシスタントAmazon Alexa(アマゾンアレクサ)がiOSアプリをローンチ。

すでにアメリカ合衆国では、Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)アプリがすでに登場しておりますが、日本でのローンチは未だなようです。また、日本でAmazon Alexa(アマゾンアレクサ)が登場したとしても、日本語の音声認識力はどのくらいなのかはわかりませんが、Amazon Alexa(アマゾンアレクサ)が、どうやらSiriを超えて人気のアプリになるかもしれません??否、それどころかAmazon Phone(アマゾンフォン)なるものをローンチしそうかもしれません??

個人的に気になるのは、Tensorflow(テンソルフロー)やIBM Watson(ワトソン)などもどう出るのかというところです。

音声認識で、ローンチ前の期待が高かったために、いざローンチされて使ってみたら、日本語では活用することができなかったGoogle Assistant(グーグルアシスタント)も気になるところです。

さらに、中国企業アリババ(Alibaba)も社員の大人数を導入して人工知能(artificial intelligence/AI)を作るためのビッグデータ(bigdata)を作るのに躍起になっているようですが、万が一、アリババ(Alibaba)が中国語の人工知能(artificial intelligence/AI)を作ることができれば、すでに活用されている英語の人工知能(artificial intelligence/AI)ではなく、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)の制作への近道になる可能性も高いように感じます。

いずれにしましても、英語圏のスタートアップ(startup)では、人工知能(artificial intelligence/AI)を搭載したサービスは当然のようですが、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)は、日本語が難しいがために日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)を作るためのビッグデータ(bigdata)をどうするかですが、そう遠くはないうちにサービスとしてご提供できるような日本語対応の人工知能(artificial intelligence/AI)のプログラム開発もそう遠くはなさそうな気がします。。。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す