Amazon会話AIのアクセラレータープログラムを新設

大手テクノロジー企業は、 ブランドの認知度の向上やAPIの紹介、あるいは他のオープンソースの取り組みを促進するためにアクセラレータープログラムを立ち上げています。

Amazon(アマゾン)も会話AI(人工知能)を開発するスタートアップ向けにアクセラレータープログラムを新設?!

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

アクセラレータープログラムはAmazon(アマゾン)にとって初の試み。Amazon(アマゾン)は他にも優れた会話AI(人工知能)に贈るAlexaPrizeを立ち上げ、実際に会話することができるボット(bot)制作を行う大学生を募っている。

Introducing Amazon Alexa

今のところAmazon(アマゾン)のアクセラレーター戦略に制約は少ないようです。プログラムに参加するスタートアップの種類に確かな制限はない。コネクテッドカーからスマートホームを手がけるチームまで幅広く迎い入れるという。

Amazon(アマゾン)は単独で行うのではなく、Techstars(テクスターズ)とパートナーシップを組んで13週間のプログラムを実施。Amazon(アマゾン)は当初、Techstars(テクスターズ)に会話AI(人工知能)を支援するためのパートナーシップを提案していた。Amazon(アマゾン)とTechstars(テクスターズ)は、プログラムに参加するすべての参加者に対して2万ドルの初期投資を行う。

What is Techstars?

選ばれたスタートアップは、ワシントン大学に借りたスペースに集められる。ファウンダーはAmazon(アマゾン)とTechstars(テクスターズ)、両方のメンターと接点を持つことができる。プログラムの最後にはコンバーチブル・ノート形式でさらに10万ドルの投資を受ける資格が得られるという。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す