AI(人工知能)をボット機能を搭載したGoogle Allo(グーグルアロ)が遂に日本で正式ローンチ

人工知能ボットを搭載したメッセンジャーアプリGoogle Alloが遂に日本でも、Google Playのみではなく、iTunes storeでも正式にローンチ!!

これからは、日本では、LINEが主流でしたが、Google Allo(グーグルアロ)のローンチでメッセンジャーアプリの開発が激化し、わたしたちが想定していた、AI(人工知能)もさらに向上し、手軽にチャットボット(チャットbot chatbots)機能を誰もが作れる日がそう遠くはなくなってきた。

最近Allo(アロ)はロゴも変えたので、何かあるのではと思っているのですが…

ちなみに、チャットボット(チャットbot chatbots)機能は、すでにFacebook Messenger(フェイスブックメッセンジャー)をはじめ、LINEやMicrosoft(マイクロソフト)Skype(スカイプ)、Telegram(テレグラム)、slack、Kikなどさまざまなメッセンジャーアプリでチャットボット(チャットbot chatbots)機能の開発は可能で、特にFacebook(フェイスブック)のF8では世界中のいろいろな人たちが開発したチャットボット(チャットbot chatbots)機能がGithub(ギットハブ)などで公開はされていますが…

Google Allo(グーグルアロ)の日本での正式ローンチで日本でのメッセンジャーアプリの主流はGoogle Allo(グーグルアロ)になるのかもしれない…

Google Allo(グーグルアロ)はほかのメッセンジャーアプリとは一線を画す。

はじめは、Snapchat(スナップチャット)の使い方で困惑した方も多いように、少しとまどうかもしれませんが、Google Allo(グーグルアロ)はGoogle Assistantを搭載しており、さまざまな情報を呼び起こしてくれます。また、音声認識はまだまだだとは思いますが、自ら文章を混む必要もない。さらにSmart Reply機能が搭載されているため、Alloがユーザーにあった文章を自動で候補をいくつか出してくれるため、文章を打ち込む必要もなくなる。当然ながら、自分の言葉で返信したい時は、今までのメッセンジャーアプリ同様に文章を打ち込めば良い。

さらには、例えば友達とどこかのお店で待ち合わせなどをしていたりしていた場合で、お店の場所がわからない場合、Google Assistantを使えば、お店の情報を呼び起こす起こすこともできます。

いろいろといじってみないとわからないこともあったり、果たしてAI(人工知能)のチャットボット(チャットbot chatbots)が良いのかどうかはわかりませんが、わたしたちはいずれにしてもローンチを待ちわびていたメッセンジャーアプリの一つです。


Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す