生きている猫をUFOキャッチャーに。許せない。

日本ではUFOキャッチャーとして知られているクレーンゲーム。

中国の動画サイトで生きている猫をUFOキャッチャーとして知られているクレーンゲームの景品として取り扱っている動画にSNS上では非難殺到です。

つまり、UFOキャッチャーの景品と言えば、お菓子やぬいぐるみ、おもちゃなどですが、非難殺到のこの動画では、景品として生きている猫が入れられており、お金を入れて、生きている猫をキャッチしようとするという動画です。

PRなのか何だか分かりませんが、とても憤りを感じます。

まったくおもしろくないですし、発想がアホ過ぎる。低レベルすぎて思考回路の理解ができない。

個人的にもこういった行為は、許せない。むしろこういった行為をおもしろおかしく考案した人物がクレーンゲームの景品になれば良いのにと感じます。

こういった行為はまったくおもしろくもないですし、こういったことをした人物や組織は軽罰ではなく、重い罪を課すべきだと個人的には考えます。

命の軽視が許せない。本当に憤りを感じます。

ここまではヒートアップしてはいないのですが、こういったいろいろな物事を軽視する行為は世界中にも多くあります。

こういった行為をした人物や組織は重い罰に課すべきではないでしょうか??

そういうことができないのであれば、こういったことを考案した人物が裸でクレーンゲームの中に入って自らが景品になれば良いと個人的には思います。

自らがそういった身にならなければわからないのでしょうからそこまでやっても良いように個人的には感じます。

命の軽視をする人物は当然のことながら決して許してはいけない。

コメントを残す