Hey!!アルゴリズム!!

Hey!!アルゴリズム!!

わたしたちは、研究者でも学者でも何でもない小さな企業ですが、Google(グーグル)が機械学習アルゴリズムを加速するために独自のカスタムチップを開発したようで、Google(グーグル)が最新のアルゴリズム(algorithm)についての論文も発表しています。

個人的な考えですが、アルゴリズム(algorithm)が本当にバイアス(bias)やコンピューター学や物理学、化学や数学などの自然科学(natural science)を突き詰めていくと、ある理論(theory)に辿り着くというように今や大きなテック業界の創業者の方が昔に言っておりましたが、確かに今になってようやくその理屈が何となく理解できるようになりましたが、では、今のアルゴリズム(algorithm)ってどうなのでしょう??

そもそも、最近は、テクノロジー(technology)が進化しているのであれば、アルゴリズム(algorithm)がなぜ意味をなしているのかが理解できません。

それでもWeb関係に関しましては、アルゴリズム(algorithm)に左右されてしまいますので。

今ではさらにとても優秀なチームが揃っていると思いますが、かつてGoogle(グーグル)は、当時オーストラリアのニューサウスウェールズ大学(UNSW)大学院生だったオリ・アロン(Ori Alon)が開発した検索アルゴリズムOrionの買収して、Google(グーグル)チームに参加した後に、オリ・アロン(Ori Alon)は、Twitter(ツイッター)にJulpanを買収させたりという過去が懐かしいです。

ちなみにオリ・アロン(Ori Alon)は、現在のスタートアップ(startup)大国イスラエル出身で、そんなオリ・アロン(Ori Alon)は、今はわたしたちのコア事業であるUrban Compassという不動産事業を展開しています。

そんな人たちが不動産業界にいるとは、古い慣習に紛れている日本の不動産業界も負けてはいられないですね。SNSを拝見すると、Google(グーグル)やTwitter(ツイッター)に事業を売却したお金の影響か…。

 

magazine photoshoot in tel aviv

Ori Allonさん(@ori.allon)がシェアした投稿 –


Google’s paper

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す