8ビットGoogleマップ

最近かなり昔の、背景が黒でテキスト文字が緑の8ビット(8bit)のコードを書こうと思っています。

ペラ1ページでも良いのですが、何かおもしろそうなものないかなあと探していたら、2012年にグーグル(Google)が出していたファミコン版8ビット(8bit)グーグルマップ(Google Maps)に出会った。

グーグル(Google)こんなにイケているものをだしていたことを見逃していた。

特に最近はオールドスクール(Old school)的なカルチャーがバズっているのでちょうど良かった。

どうやらグーグル(Google)公式ブログを見てみると、Googleマップソフトウェアエンジニア野村達雄さんによって書かれているようなブログでした。

大きな企業の創業者(founder)やデベロッパー(developper)、エンジニア(engineer)などで、今では会社トップであったり、開発部門の責任者の人たちなんかもドンキーコング(Donkey Kong)やスペースインベーダー(Space Invaders)、ドラゴンクエスト(Dragon Quest)などのゲーム(game)で育ってきていたり、ゲーム(game)から大きな影響を受けた方も多いでしょう。

なぜだか無性に今になって8ビット(8bit)に特別な思いを寄せている。。。

こちらが2012年にグーグル(Google)が出していたファミコン版8ビット(8bit)グーグルマップ(Google Maps)動画です。

テレビとファミコンの接触やテレビの電波環境とかで、ゲーム(games)がバグって途中でゲームが固まってフリーズするところとか、ファミコンのカセットに息を「ふー」って吹きかけるところとかよくできている動画です。

Google Maps 8-bit for NES

知らなかった。8ビット(8bit)グーグルマップ(Google Maps)凄いイケてる。
Googleblog