2017年4月25日北朝鮮の動向は?

2017年4月15日に北朝鮮は何かを起こすだろうということではありましたが、2017年4月15日に北朝鮮は他国への武力行使などは行いませんでした。

しかし、結果としましては、翌日の2017年4月16日には、北朝鮮はミサイルを発射しています。

2017年4月25日に北朝鮮が何かしらの行動を起こすと予測されておりますが、どうなるのでしょうか??

あまり政治観などは個人個人で考えがあるとは思いますし、ましてや匿名ではないので、政治観などの発言は個人的には避けてきましたが、日本について、日本人として、日本国憲法第9条につきましては、本当に考えなければいけないように個人的に感じます。

日本国憲法第9条

第二章 戦争の放棄
第九条 日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し、国権の発動たる戦争と、武力による威嚇又は武力の行使は、国際紛争を解決する手段としては、永久にこれを放棄する。
○2 前項の目的を達するため、陸海空軍その他の戦力は、これを保持しない。国の交戦権は、これを認めない。

つまり解釈の仕方がいくつかありますが、現時点では、明らかに日本の国土などを攻撃または侵略しようとしているミサイルなどが飛んできていることに気づいていたとしましても、そのミサイルが日本の国土に着弾してからでなければ、日本は交戦権がないということでもあります。つまり、見てみぬふりをして、多くの罪のない犠牲者が出てからでなければ、日本はどうすることもできないという解釈です。

非常に不思議な憲法です。

もちろん、個人的には戦争は嫌いです。個人的にわたしの祖父や祖母などの戦争経験者の方たちも戦争からは何も生まれないと言っておりました。

きれいごとで、日本国憲法第9条を反対している人がいるのであれば、どうすればよいのか実際に行動してほしいです。

何だか、何かと物事に否定や反論することが良いと判断されがちな風潮も個人的には好みません。

例えば、今回は北朝鮮をターゲットとしておりますが、他の国が万が一日本を攻撃侵略しようとしていることに対して、日本国憲法第9条を反対している人は、反対だけしていて、何をしてくれるのでしょうか??

個人的には、エンジニアでも研究者でも何でもない小さな不動産会社ですが、きれいごとを言っている時期はもう終わりだと考えます。

いかに戦争のような武力行使をせずに罪のない多くの犠牲を出さないのかを考えた時には、テクノロジーを駆使して、サイバー攻撃をかけ、相手国を攻撃することも手段の一つではないのかと考えます。

大前提としまして、何が「正義」で何が「悪」なのかということがあります。

「本当にくだらない。」「何を言っているんだ。」という方もいるかとは思いますが、テクノロジーなどの発展で、武力などで攻撃をするという方向でしか考えていないことが多かったり、政局や誰かの利益のために戦争が起こっていたり…。それならば、ここまでのテクノロジーの進化が発展しているのであれば、万が一原子爆弾のような化学兵器などを使用しようとしている国や組織などがあれば、衛星からすぐに画像認識して、化学兵器や軍事的攻撃をしようとしている拠点をピンポイントで「攻撃する」というシステムを開発すれば良いのでは??

どこの国や組織でも、少しでも「何かおかしな行動」を起こそうものなら、その拠点をピンポイントで攻撃するしかないように感じます。

そうすれば、怖くて何もできない➡つまり戦争は起こらないという構図も現時点でしたら可能だと考えます。

こういったことがダメというのであれば、罪のない犠牲者を出さない方法としましては、サイバー攻撃をかけるという「攻撃」も一つの手段ではないのかと個人的には考えます。

こういった技術は現時点では可能だとは思いますが、そういった「攻撃」がどうなのかということを判断することも人ですから、どのようなシステムを構築するのかということが課題です。

いずれにしましても、2017年4月25日または、仮に2017年4月25日に北朝鮮が何もしなかったとしましても、こういったよくわたしたちの環境や考え方からしたら理解できない国や組織は放置していたらどんどん何をするのかわからなくなりますので…。

日本は本当に素晴らしい国です。匿名で好き勝手なことを発言できる無責任なことができる。しかし、匿名だからこその本音も引き出せるということもあります。

SNSなどもいろいろみておりましても、結局は同じ趣味や同じ考えを持った小さなコミュニティになっております。

何事も偏り過ぎは良くないとは感じますが、いろいろな意見が言え、さまざまな考えを見ることができるという自由も日本にはあります。

いろいろな方の考え方があるかとは思いますが、共通して言えることは、みなさん日本が大好きなのかなあと個人的には解釈はしております。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す