SNSはリアルではない。もはやVRの世界かも

SNSはリアルではないように感じます。もはやバーチャルリアリティ(virtual reality)のようなものでは??

もちろんすべてのSNSユーザーがリアルではないという訳ではなく、SNSの多くのユーザーの投稿はリアルではないように感じます。

おしゃれであったり、非現実的なSNSはつまらなく、もはや流行らない。

もはや、SNSでバーチャルリアリティ(virtual reality)的な仮想現実を夢見て、夢見ている世界や非現実的な自分をあたかもセレブリティ(celebrity)かのような投稿記事をアップしている人が多いのですが、そのような所謂自分では良いと思っていたり、SNSでフォロワーを増やしたかったりして、非現実的な所謂おしゃれなSNSは、ユーザーは飽きているように感じます。

しかし、そういったSNSユーザーの投稿記事は良いマーケティングツールになります。日本国内をはじめ、世界中で何が今はやっているのか?または、世界中の人達が、今どのような人物や物事に興味があるのか知ることができる良いマーケティングツールです。

もっとSNSでいろいろな情報をアップしてもらえると、良いビッグデータ(bigdata)になります。

ちなみに、メディアの情報が真実かどうかはわかりませんが、最近個人的に気になったSNSの投稿記事です。

コメントを残す