シェアする

6.15は日本が世界に恥ずべき日

2017年6月15日に共謀罪が国会で強行採決で可決された

日本が世界に恥じる日になった。

さあこれからという同志たちでもあるスタートアップ(startup)の方たちも自由のない国ではビジネスができないということで、すでに日本国外でのビジネス展開の準備をしている方たちもたくさんいます。

共謀罪の超強行可決で、有能な人材の流出は避けられない環境になりそうです。

大好きな日本が日本政府によって歪められた。

何を信じて生きていけば良いのでしょうか??

法学者や弁護士などの法律の専門家の方たちでさえも謎の法案を強行採決で可決させた。

2017年6月15日共謀罪法案参議院賛成議員反対議員一覧(東京新聞様より引用)

引用:pic.twitter.com/LXRaloQUnR

もはや日本は自由ではない。

自由が故に培われたアニメやマンガ、ゲーム文化なども表現の自由などが確保されない限りは、もはや進化のしようがない。

日本が世界に誇る文化を一部の人間によって抹殺され始めています。

匿名でいろいろな記事を書かれている方も多いとは思いますが、それもすぐにわかってしまいますし、シャドーファイリングされれば、すぐに自由な身は剥奪されます。

何も悪いことをしていなくても、疑いがかけられたら白が黒になってしまうしゃかいになってしまうのですから恐ろしい。

こういった謎の法案が可決されたことに対して、何もせずに何も動かなくなったら、もはや身体は人でも、もはやロボットと同じです。生きている。自由は権利です。

何よりもかわいそうなのは、小さな子供達です。明るい未来はもう保障されていないように感じます。

極端な表現ですが、北朝鮮のことをどうこう言っている場合ではない。

何も悪いことをしていなくても、こういった文章を書くことも悪いのかなあと思ってしまう時点で、すでに表現の自由などは奪われたり、共謀罪という恐ろしい法案の傘の下にすでにいる。

シェアする

フォローする