2016年モバイルアプリのトップ10

2016年を振り返り…2016年モバイルアプリランキングトップ10を。

なんだかんだ言って、Facebook(フェイスブック)1位で、月間平均ユニークユーザー数1.46億人で対前年比14%増だったようです。

1位 Facebook(フェイスブック)

2位 Messenger(メッセンジャー)

3位 YouTube(ユーチューブ)

4位 GoogleMaps(グーグルマップス)

5位 Google(グーグル)

6位 Google Play(グーグルプレイ)

7位 Gmail

8位 Instagram(インスタグラム)

9位 Apple Music

10位 Amazon(アマゾン)

Facebook(フェイスブック)は、2位Messenger(メッセンジャー)と8位Instagram(インスタグラム)もトップ10に送り込んでおり、Instagram(インスタグラム)は昨年2015年から36%増と対前年比で大きなの成長率だったようです。

2位のMessenger(メッセンジャー)は月間平均ユニークユーザー数1.29億人、3位はYouTube(ユーチューブ)で1.13億人。

しかし、今年末のトップ10リストに最も多く名を連らねたのはFacebook(フェイスブック)ではなくGoogle(グーグル)だったようです。

YouTube(3位)、Googleマップ(4位)、Google(5位) 、Google Play(6位)、Gmail(7位) が、年間を通じて最も多く使われたアプリに入った

Google(グーグル)関連の Google(グーグル)検索、GoogleMaps(グーグルマップ)、Gメールは、どの端末でも、もはやユーザーが使いやすいサービスとして、モバイルの基本ツールであることを考えると、Google(グーグル)関連のアプリが上位に入ることはへの驚きはなく、想定内。

しかし、最も注目すべき変化はAmazon(アマゾン)の躍進です。

Amazon(アマゾン)は、Eコマース分野が今年のホリデーショッピングシーズンに新記録を打ちたて、その大部分を最大37%をAmazon(アマゾン)が占めたことは知っていたのですが、一年を通してモバイルショッピングの機会が増えているのは明らかで、Amazon(アマゾン)のモバイルアプリの月間平均ユニークユーザー数は昨年の2015年に比べて43%も増加しているというところです。

2017年はどうなることでしょうか?

個人的には上位ランキングには入っていないところで言いますと、Snapchat(スナップチャット)現在のSnap Inc.は結構若い世代のニーズを掴んでいるという意味でも少し気にはなってはおりますが…

またとんでもないモンスター企業が出てくるかもしれませんね?

あとは、どんな新しいアプリが出てくるのかも楽しみですね!!

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す