音声認識AIのSiri開発者たちのVivをSamsungが買収

個人的には、「まさか?!」とは思いましたが、Apple(アップル)の人工知能(ArtificialIntelligence/AI)音声認識アシスタントSiriの開発者たちが立ち上げたVivをSamsung(サムスン電子)が買収することで合意したようです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33 %e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

Vivは人工知能(ArtificialIntelligence/AI)のアシスタントシステムで、Dag Kittlaus、Adam Cheyer、Chris Brighamが共同創業した企業。彼らはApple(アップル)のSiriを開発し、2010年にApple(アップル)に売却しています。このVivの共同創業者3名は、Apple(アップル)がSiriを買収した翌年にApple(アップル)を去り、2012年にVivを立ち上げていました。Samsung(サムスン電子)がいくらでVivを買収したのかは分かっていないのですが、相当な買収額であることは間違いないのでは?

Beyond Siri: The World Premiere of Viv with Dag Kittlaus

Apple to discount USB-C adapters, Samsung Viv to debut in S8

個人的な予想では、Vivは独自に経営をしていくのか、または、Google(グーグル)やApple(アップル)、Amazon(アマゾン)、Microsoft(マイクロソフト)などの大手テック関係の企業か中国の企業が買収するのかと思っていたので、まさかSamsung(サムスン電子)が買収するとは思ってもいなかった…

今後のVivは、買収後も独立した企業として運営を続けていくようで、Samsung(サムスン電子)の完全子会社という位置づけになるようで、Samsung(サムスン電子)のプラットフォームにVivのサービスを提供するようです。

Samsung(サムスン電子)は韓国の企業で、同族経営

現在、韓国は朴槿恵(パク・クネ)大統領の国家機密情報漏洩問題で、国家が揺らいでいます。

Samsung(サムスン電子)などの企業によって、韓国という国家は成り立っておりましたが、最近のSamsung(サムスン電子)は利益が減少していたようですので、今回のSamsung(サムスン電子)のVivの買収で、Samsung(サムスン電子)は良いパートナーを見つけたのでは?

しかし、今回のSamsung(サムスン電子)のVivの買収で、Samsung(サムスン電子)も今後の展望を見極めていかなければいけないとは思いますし、韓国社会の仕組みや、世界の社会の構造について、少し立ち止まって考える時期ではないでしょうか?

それを象徴することの一部として、朴槿恵(パク・クネ)大統領の国家機密情報漏洩問題に関して、韓国国民は憤りを感じてデモなどが起こり、アメリカ合衆国では、アメリカ合衆国大統領選挙でドナルド・トランプ大統領(Donald Trump)が勝利するということに繋がっているのではないのかと個人的には考えます。

それにしましても、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)がかなり盛り上がってきましたね?!

Viv

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す