音声認識(Speech to Text)や自然言語分類(Natural Language Classifier)がチャットやチャットボットの課題

わたしたちもチャットボット(チャットbot chatbots)の開発をし、日本でもメディアが取り上げられているようなチャットボット(チャットbot chatbots)機能を搭載した、不動産賃貸仲介会社様のサービスを試しに使ってみたのですが、何かがやはり足りない。

正直、現時点でのチャットボットを不動産の世界で、サービスとしてお客様にお出しできるようなチャットボット(チャットbot chatbots)機能は、いまいちです。

これからは、チャットボットは引き続き開発はしていきますが、AI(人工知能)や、音声認識(Speech to Text)や自然言語分類(Natural Language Classifier)がチャットやチャットボット(チャットbot chatbots)を発展させるためには、現時点では必要です。

もちろん、わたしたちは、日本などの不動産事業をコアに携わってきたメンバーの集まりで、テック業界とはほど遠い。しかし、なによりもお客様にご利用しやすいサービスをお届けしたい。古い慣習にどっぷりとハマってしまっている日本の不動産業界を変えたい。世界から取り残され、過去の成功体験に浸っている日本の企業に刺激を与えという思いで、日々勉強しています。

当然ながら、わたしたちは、不動産のことでしたら、現在メディアに注目をされているような、テック業界から不動産賃貸仲介業に参入された企業には、不動産の知識では、負けないつもりです。当然のことですが、不動産の知識もまだまだ日々勉強しながら、できるかぎりのプログラムの構築も行っております。

立ち止まることはしたくはない。

ある程度の規模の企業になったからと言って、ほかの企業から人を引き抜くような、義理を欠いたこともしたくない。

吹けば飛ぶような企業ですが、今いるメンバーでできることはしていき、その信念に賛同居てくださる方がいれば、お力も借りたい。これが正直な意見です。

ちなみに最近Google(グーグル)は、わたしたちも待ちに待っていた、音声ベースのメッセンジャーアプリAlloをローンチしましたが、なぜかしっくりこない。Google(グーグル)は、新たに音声認識(Speech to Text)や自然言語インターフェイスのapi.aiを買収しています。

Googleが買収したapi.ai の動画


もうすでにチャットボットに詳しい方ならご存じFacebookが買収したwit.aiの動画(2014年のものですが)

わたしたちは、シンプルにお客様が利用しやすいサービスをご提供したい。ただそれだけです。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す