音声認識をWebサイトに埋め込む方法

今やチャットボット(チャットbot chatbots)や人工知能(artificial intelligence,AI)や音声認識(speech recognition,speech to text)などがとても注目を浴びており、世界中のさまざまな方たちが、いろいろと駆使しながら開発に励んでおります。

以前記事でも書いた通り、わたしたちは、チャットボット(チャットbot chatbots)を含めたすべてのテクノロジーを融合したようなサービスをお客様にご提供できればと思い、ノンプログラマー集団ですが、四苦八苦しながら空いた時間を見ては、プログラムの構築をしております。

世界中の方たちが開発したプログラム、コーディングなどはGithub(ギットハブ)でも公開はされているのですが、いろいろとプログラム開発をしている中で気づいたことは、日本語の素晴らしさ故の、日本語でのチャットボット(チャットbot chatbots)や音声認識(speech recognition,speech to text)などの難しさです。

チャットボット開発の障壁は日本語?!

img_1341

そこで、チャットボット(チャットbot chatbots)や人工知能(artificial intelligence,AI)、音声認識(speech recognition,speech to text)のプログラム開発は続けながらも、Microsoft(マイクロソフト)の音声認識(speech recognition,speech to text)Cortana(コルタナ)をWebサイトなどに埋め込もうか考えております。Microsoft(マイクロソフト)のCortana(コルタナ)がディープラーニング(Deeplearning)してくれるのかは、わかりませんが…

Apple(アップル)のSiriの開発者たちが立ち上げた音声認識やAI(人工知能)が優れたVivについて

IBM Watsonでチャットボット制作する方法

一応、アプリやWebサイトに音声認識(speech recognition,speech to text)のプログラムを入れる方法ということで、今回は、Microsoft(マイクロソフト)のCortana(コルタナ)さんを例に動画でご紹介させていただきます。

Cortana Intelligence に切り込む! ~未来予測の仕組みと実装~

止まらないサービスを! ~マイクロサービス プラットフォーム「Azure Service Fabric」~

WindowsアプリやAndroidアプリ、またはWebサイトで Cortana(コルタナ)を拡張する方法で、GitHub(ギットハブ)でサンプルの音声コマンドとCortana(コルタナ)アクションの両方についてサンプルプロジェクトが公開されています。

github%e3%83%ad%e3%82%b4%e7%94%bb%e5%83%8f %e3%83%80%e3%82%a6%e3%83%b3%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%89

Microsoft

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す