閲覧者を不快にしない広告の入れ方

ビデオ動画などに広告を挿入する良い場所を見つけたUru。これなら視聴者を不快にしない??

そもそもこの広告は邪魔だという考え方が間違っていると個人的には思いますが…。

広告する側がおもしろい広告や消費者の方たちの興味が出るような広告を作れば良いと個人的には、シンプルに考えているのですが…。

しかし、このUruという企業は本当にさりげなく動画に広告を入れおりますが、誰しもが思っていたことのような…。

しかし、そもそも論で、みなさんにわかりやすく言えば、テレビというメディアを例に挙げればわかりやすいのでしょうか?

「あのCMってすごいおもしろいよね」ということが話題になったことというのは、そこまでないように思います。

むしろ広告関係の方たちが、本当のターゲティングユーザー自体を把握できていないように感じることもあります。

最近の日本のメディアも、例えばバラエティー番組などを観る機会があっても、内輪乗りであったり、誰かをネタにして誰かが傷ついて笑いをとるような番組が多い。広告主はそもそもそういった番組に広告を出したいのかというところも疑問ではありますが…。

いずれにしましても、今後はテクノロジーの発展で、ユーザーにとって、いらないものは取り除かれてしまう社会になりそうな気がします。

ちなみにこちらがUruの広告動画です。

良くはできているとは思いますが、これが解決策なのかどうかは、個人的には疑問に思いますが…。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です