野村克也氏の分析力が論理的?!

野村克也氏の分析力が論理的でスゴい?!
どんなことからも何かを得たいと思う今日この頃。

ワールドベースボールクラシック(WBC/World Baseball Classic)の打順について物申していたが、非常に論理的。

野村克也氏自らも元日本のプロ野球界の名選手。そして、監督としての才能も凄かった。

今回のワールドベースボールクラシック(WBC/World Baseball Classic)の成績に関して、打順ではなく、打線が良くないと一蹴。

確かに論理的だった。

元キャッチャーならではの勝つ方程式と言っても過言ではないのでは??

その理論は、メンバーの誰を使うということも当然大切なのですが、2番に右打者を置いていることに物申していた。

名キャッチャーと言われ、名選手を送り出してきた野村克也氏ならではの分析力は素晴らしい。
1番打者に出塁率が高く足の速い選手を置く。これは当然の方程式です。

そして、2番打者には、ただ単純に出塁率や打率が良く、足の速い選手を置くということではなく、左打者を置くということでした。

もちろんピッチャーへの心理的な面で見れば、出塁されたランナーは気になる。

ここからさらにピッチャーとキャッチャーにも心理的且つ動作的にもさらに不利なように持っていくということです。
キャッチャーとしては、仮に1番打者が出塁した場合、キャッチャーとしては、2番打者に左バッターを置かれると1塁への送球もしずらい。なぜならば、2番打者が左打者だから打者の身体を避けて投げなければいけないからです。また、出塁したファーストランナーが盗塁された時、通常はキャッチャーは右投げなので、打者が左打者であれば、2塁への送球も打者を如何に避けながら盗塁した選手を刺せるのかというところです。この送球のコンマ何秒の世界で、盗塁した選手を刺せるのかどうかという非常に大きなことだと言っていました。
また、その他にも、自らが元プロ野球選手ということもあって、選手の心理面やチームの雰囲気に関しましても言及していた。

かつて、野村克也氏は、いろいろな選手が良い成績を上げると、多くの人から注目されることについても言及していた。

もちろん成績が良いということが良いにこしたことはないと素人目からは見えてしまうのですが、自らが元プロ野球でキャッチャーをやっていたことから、キャッチャーが好成績を残し続けているということに対して、もっと評価すべきだと言っていた。

キャッチャーは、守備の際も座ったり立ったりして身体的な疲労も多い。

そのような状況で、攻撃の際も良い成績を残すということは、確かに他のポジションと比較すると理屈はわかります。

そんなキャッチャーが例えばファーストを守っている選手と同じ成績であれば、その評価の差はかなり大きい。

確かに、キャッチャーというのは、地味でありながら、チームの勝敗を非常に左右する。

打者の癖や心理戦も行いながら、ピッチャーを活かさなければいけないなど様々なことを分析しながらも、一回一回のピッチングの返球の座ったり立ったりする動作の面での負担も大きい。

そんな状況でも成績を残さなければいけない。

当然ながら、チームプレーなので、チーム全体が機能しなければいけないのですが、野村克也氏が言っているようにキャッチャーというのは、非常に頭の良い選手でなければ、成り立たない。

もちろん野村克也氏がキャッチャーというポジションであったことからキャッチャーに注目してしまうことは否めませんが、言っていることは、毎回非常に論理的なことが多いように感じます。

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す