遺跡や遺跡内部の360度VR画像

不動産という仕事をしていると、ときに自然を壊して都市や街を作ることに違和感を感じることが正直あります。

最近では、農地の有効活用事業などにも力を入れており、利益のために緑地なども保全しながらうまく緑地と街がうまく融合するように努めております。

そして、緑地以外にも不動産売却などで、物件調査をする際に埋蔵物文化財保護法の対象地にあたることがよくあります。

たまたまそんな遺跡について改めてわたしたちの仕事の意義を知りたく、近くの遺跡に行ってきました。

今では高級住宅街となり、商業施設も多く立ち並ぶ、横浜市都筑区の最寄り駅センター北駅からすぐの場所にある大塚・歳勝土遺跡に行ってきました。

いやぁ…ここ最近で久しぶりに近場で感動することができました。

小さい頃に行ったことがありますが、記憶が定かではなく、改めて大塚・歳勝土遺跡に行き、360度カメラでVR画像を撮影してきました。

ローカルで近い場所で、都心部から近いところにこのような遺跡があるとは、本当に不思議な気持ちになりました。

是非ご興味のある方は、大塚・歳勝土遺跡に行ってみてはいかがでしょうか??

余談ではありますが、個人的にはあまり…??どうなの??と思いましたが、施設関係の方がPokemon GO(ポケモンゴー)のキャラクターがよく出るみたいなので、それで来られたのですかと聞かれましたが…。ち・が・い・ま・す。。。

遺跡の内部にも入ることができ、なんとも言えない弥生時代に実際に祖先が住んでいたことを考えると、言葉にできない感動がありました。

横浜市都築区のセンター北駅近くにあります、大塚・歳勝土遺跡の場所です。

大塚・歳勝土遺跡の3D画像です。

コメントを残す