米軍厚木基地移転

<米軍厚木基地移転の流れ>
【厚木航空基地概要】
厚木航空基地は海上自衛隊と米海軍が共同使用している基地です。
厚木航空基地の飛行場としての主な機能(滑走路維持整備、航空管制業務)は海上自衛隊が管理しています。総面積約507万平方キロメートル、南北に延びる約2,400メートルの滑走路を有しており、基地は東側に大和市、西側に綾瀬市と2つの市にまたがって所在しています。
厚木航空基地には、海上自衛隊航空部隊の総司令部である航空集団司令部をはじめ、航空集団直轄の第4航空群、第51航空隊、第61航空隊及び航空管制隊が所在し、航空機のシステム管理に欠かせない航空プログラム開発隊等、海上航空部隊にとって非常に重要な部隊が集中しています。
また、第4航空群は、日本本土から遥か彼方の太平洋上に浮かぶ硫黄島及び南鳥島の離島を管理・運営をしています。これらの島を日本国が保有する意義には、主として次のようなものがあります。
(1)排他的経済水域の確保(半径約370km)
(2)南東航路帯の防衛拠点
(3)騒音問題の是正(NLP(ナイト・ランディング・プラクティス)の代替飛行場として硫黄島を活用)
密集地にある航空基地 首都圏に近い厚木航空基地は、周辺人口の増加と米海軍のジェット戦闘機が飛行する基地であることから、騒音問題を抱えています。任務と訓練に必要不可欠なものを除き不必要な騒音を出さない配慮と、基地周辺に対する各種協力等を積極的に実施し、国民と基地との共存に努力しています。

<米軍厚木基地移転の流れ>
2016年1月5日
国(防衛省南関東防衛局)から大和市に対し、米海軍報道発表(1/5発表)について情報提供がありました。
米海軍報道発表の概要は、
・最新の早期警戒機E-2Dホークアイが、2017年2月に旧型機E-2Cホークアイを運用する第115早期警戒飛行隊と交代し、米海兵隊岩国航空基地に前方配備される。
・米海軍は、米海軍厚木航空施設から米海兵隊岩国航空基地への第5空母航空団の固定翼機部隊の移駐を段階的に開始する予定。この移駐は、在日米軍再編の一環として、2006年5月の再編実施のための日米のロードマップに従って実施されるもの。
・段階的移駐は、日米両政府間で合意した予定に沿って行われ、2017年後半に開始される。
といったものです。

2016年1月20日
国(防衛省南関東防衛局)から大和市に対し、空母艦載機の移駐に関する情報提供がありました。概要は、
・E-2Dは、2月に第5空母航空団の一員として加わり、岩国飛行場に飛来し、E-2CからE-2Dに部隊更新する。
・E-2Dは、2,3か月程度、岩国飛行場に前方展開し、配備前訓練を実施した後、一旦、空母ロナルド・レーガンに搭載されることになる。
・第5空母航空団の厚木飛行場から岩国飛行場への移駐は、2017年後半に開始される予定であるが、早ければ2017年7月以降、空母ロナルド・レーガンが横須賀に寄港する時期になる。
・移駐計画は、今後の米側の運用により変更があり得る可能性があるが、現時点における具体的な移駐計画は次のとおり。
○2017年11月頃、FA-18(スーパーホーネット)の2部隊が岩国へ移駐
○2018年1月頃、EA-18Gの部隊及びC-2の部隊が岩国へ移駐
○2018年5月頃、FA-18(スーパーホーネット)の2部隊が岩国へ移駐
・この移駐に伴い、軍人等約3,800人が岩国飛行場へ移動する予定。
といったものです。
この情報提供を受けて、大木大和市長は「スケジュールが具体的に示され、空母艦載機移駐が、実現へ向けて着実に進められているものと捉えているが、国は一日も早く移駐を完了させ、移駐後の運用等も含め確実に市民負担の軽減に結びつけるよう、全力で取り組んでいただきたい。」とのコメントを発表しました。
参照:大和市役所 : 防衛省南関東防衛局

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です