もしも自分が亡くなった時の不動産をどうするのか?

もしも自分が亡くなった時の不動産をどうするのかという不動産に関するご相談が増えております。

こういった不動産のご相談が最近非常に多く、もしも自分に何かあった時に、残された親族に迷惑を掛けたくなくて、お一人で悩まれている方が多いということです。

悲しいことに、その方に相続人となるお子様などのご親族のいる場合で、例えば相続人となる方が2人以上いれば、すでに「ここは私がもらう。」「これは私のもの。」とすでに相続という争いが起きてしまうことも多く、例えば、相続人となる実の子供が相続に関しましてあ、争う光景を見たくないがために、お一人で悩まれている方が多いという非常に悲しいというか切ない状況を目の当たりにすることが多いということは、わたしたちの現場で見ている現実です。万が一自分が死んでしまった時のために相続人となる自分の子供には迷惑を掛けたくない。しかし、実際に相続人となる子供と相談しても、兄弟姉妹などがいれば、親族間で揉めるケースが多く、そういった揉め事を起こしたくなく、お一人で悩まれている方が多いということです。

特に、最近では、空き家対策特別措置法(正式名称:空き家対策の推進に関する特別措置法)の制定で、今までは、土地の上に古くても良いので、土地の上に建物があれば固定資産税の優遇がされておりましたが、空き家対策特別措置法(正式名称:空き家対策の推進に関する特別措置法)の制定で、空家でも特に空き家対策特別措置法(正式名称:空き家対策の推進に関する特別措置法)の対象となる不動産と認定されてしまえば、税金の優遇対象外にも成り兼ねません。

そもそも空家の定義とは…??下記国で定められた空家の定義です。

わたしたちは、不動産でも、自分がもし亡くなってしまったときに不動産をどうするのか?または、先祖代々から受け継がれているお土地をお持ちの方からは、不動産相続対策についてなど不動産相続や相続対策に関するご相談も多いです。

わたしたちでよろしければ、お気軽にお知らせください。

[contact-form-7 id=”9729″ title=”不動産売却・買取・購入・相続・土地運用などのご相談”]

(参照)
固定資産税の課税のために利用する目的で保有する空家等の所有者に関する情報の
内部利用等について-国土交通省

地方公共団体による空家調査の手引き-国土交通省
空家調査に関する資料-国土交通省
地方公共団体における空家等対策に関する取引状況について-国土交通省
地方公共団体の空き家対策の取組事例-国土交通省

コメントを残す