相続税率と相続対策

相続や相続対策などについて、以前投稿させていただいたように不動産資産運用のご相談が増えてきました。

不動産資産運用について

相続や相続対策のご相談窓口

特にわたしたち人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームは、不動産がコア事業で、その中でも不動産売却や相続や相続対策などについての分野に関しましてのご相談が多く、不動産(土地,一戸建て,マンションなど)売却のご相談や不動産相続に関するご相談や不動産相続対策に関するご相談を多くいただいております。

相続それは、誰もがいつかは経験する出来事。それなのに、「まだ元気だから・・・」と遠ざけて、知識不足になりがちな問題でもあります。
でも、生前に適切な手続をとらなかったために、残されたものの間でトラブルに陥ってしまうことも、残念ながら少なくなりません。

わたしたちは、一般の不動産売却の場合には、そこまでご家族やご親族、ご兄弟姉妹などの方が争って揉めることはないのですが、不動産相続や不動産相続対策に関しましては、相続人が単独でお一人の方ならそこまでご家族間でのトラブルはないのですが、相続人となる一般的に多いケースは相続人となる被相続人(亡くなられた方)のお子様が何名かのご兄弟姉妹である場合、今まで仲の良かったご兄弟姉妹の方が急に仲が悪くなり、相続ではなく、よく言われる「争族」という場面を幾度となく見てきております。ケースによりましては、被相続人の相続の権利を持たれているお孫様も相続で争われているときもありました。

不動産資産運用について

そのような状況になってしまっている場合には、わたしたちとしてできることは、それこそ不動産の仲介である仲裁役という立場で、なんとか相続人の方が複数いらっしゃる場合は、相続人の方たちの間を取り持って、争いを解決するために相続人の方たち(多くのケースは被相続人のお子様である相続権を持たれているご兄弟姉妹の方がおおいのです)皆様の方たちのところへそれぞれ足を運ばせて頂いたり、多くのケースでは、相続人となる被相続人のお子様であるご兄弟姉妹の方たちの争いをその状況より悪くしないようにすることにいろいろなところへ足を運ばさせていただいております。

わたしたちからの立場からすれば第三者となりますので、唯一言えることは、ご兄弟姉妹で仲が悪くなったり、争いを起こさないようにしてほしいということです。

相続や相続対策のご相談窓口

あとは、事前にご理解のある方の場合には、相続対策(例えば、不動産を複数所有されている方は、アパート建築やマンション建築をするなど)をご検討していただいたり、相続対策していただけることが多いのですが、当然わたしたちは第三者となりますので、ご資産の運用に関しましての決定権は不動産の所有権などをお持ちの方のご判断ですが…。

相続対策をされなかったりした場合で、相続が発生したり、被相続人の方が亡くなられそうな場合や、相続が発生したらすぐにわたしたち人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームへよろしければご相談をいただければ、そのような相続人の方の争いを事前に対応策を考えたり、相続の争いなく相続手続きができるからです。もちろん相続人皆様とお会いしてそれぞれのご意見やご要望などもお伺いできることもでき、争いなく相続手続きができるからです。

これも相続でよくあるケースですが、相続人の方に配偶者の方などがいた場合や、ケースにはよりますが、相続権を持たない相続人の配偶者または本当に第三者の相続権を持たない被相続人と無関係の方が「お金」目当てに群がってくることも多いです。

相続が争いにならないように、わたしたち人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームでよろしければ事前にご相談をいただければと存じます。

相続や相続対策のご相談窓口

ちなみに誰が相続人になれるのか

遺産を受け継ぐことができる人として、まず法定相続人があげられます。法定相続人とは法律で定められた相続の権利を有する人で、配偶者と血縁の人たち(被相続人の子・直系尊属・兄弟姉妹)に大きく分けられます。

配偶者
婚姻関係にある夫婦の一方のことで、夫にとっては妻、妻にとっては夫をさします。婚姻届のない内縁関係の場合は配偶者とは認められず相続人にはなれません。


実子は、すでに結婚していて、籍が別になっていても男女に関わりなく相続権があります。父母が離婚した場合は、子は離婚した両親の双方の相続人になります。また、養子も実子と同様に相続人になります。

直系尊属
父母、祖父母、曽祖父母などをさします。直系尊属が相続人になれるのは亡くなった人に子も孫もいないケースのみです。親等の近い者が優先的に相続人になります。

兄弟姉妹
亡くなった人に子も孫も直系尊属もいない場合、その人の兄弟姉妹が相続権を持ちます。

相続や相続対策のご相談窓口

国税庁
法務省

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す