機械に負けない人間らしい会社を作る4つの方法

ティム・リーバーレヒト(Tim Leberecht)がTEDで語った「機械が発達する時代に人間らしい会社を作る4つの方法(4 ways to build a human company in the age of machines」というプレゼンが公開されてからずっと気になっていたので…。

4 ways to build a human company in the age of machines|Tim Leberecht(機械が発達する時代に人間らしい会社を作る4つの方法)

社会や組織に属している以上、上下関係などはつきものです。

これは「自由」であったり「民主主義」というもののメリットでもあり、デメリットかもしれません🔗

しかし「かつら」というもの一つで地位などというバリアは無くされて、人間本来の姿で本音を言い合えるということもあるでしょう。

時々、やたらとえばっていたり、偉そうな方に出会います。

そういった方に限って、井の中の蛙で、何かにしがみついていることが多い…。

なぜそのような狭い社会にで生きてしまっているのだろうと思いなあと思いながら自慢話などを右から左へ聞くこともあります…lol

しかし、自分の人生を本当に胸を張って誇れる人はいるのでしょうか?
むしろ、自分の人生をある程度褒めることは必要なことは大切だとは思いますが、自分の人生を誇りに思った時点で成長は止まってしまうように個人的に感じます。

とにかく日本人は有名ブランドなどを好みます。

しかし、今現在大きな会社や社会に知られている企業に勤務しているとかいう世間体などはどうでも良いと個人的には感じております。

むしろ個人的に知りたいことは、その企業名ではなく、「あなたはどういった人なの?」「あなたは誰なの?」「あなた個人を知りたい」ということです。

属している会社が小さい企業とか大きな企業だということには正直興味がないです。

社会から見ればわたしたちは、小さな企業。吹けば飛ぶような会社です。

Strtupとして起業するためには、もちろんリスクや辛いこと、楽しいことや嬉しいことなどいろいろなことがあります。

しかし、そんな時生きてるなあと感じます。

人生一度ですから、やりたいことをするということも大切ですが、何よりも楽しい時間を過ごすということはが、これからの時代本当に必要なように感じます。あとは、一生いろいろなことを勉強してもっともっとたくさんの出会いをしたいということですかね😄

コメントを残す