横浜市建築協定一覧

建築協定はその土地にお住まいになられている方には、より住みやすい街づくりという意味では、とても良い制度だと感じます。
但し、その一方で、わたしたち人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームのコア事業不動産事業に関しまして申し上げますと、不動産業に長年従事して個人的に感じたことは、高齢化が進み、いざ不動産売却という場面では、建築協定があるため、なかなか不動産ご購入者様を見つけづらいということも否めない時代にあるのかなと感じることもございます。特に横浜市に関して言えば、実際にきれいな街並みであると感じます。しかし、建築協定や都市計画や建築基準法などで、いざ不動産売却となった場合になかなか不動産売却ができず、不動産買取するケースが多いように感じます。
こういった制度は、とても良いことであるとは思いますが、何事にも何かしらのデメリットもあると感じましたので。

不動産売却時で不動産買取の場合、わたしたち人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームでしたら仲介手数料無料で行わせていただいておりますので、不動産売却時不動産買取の際はお気軽にお知らせください。(※但し、ケースによりましては、宅建業法に従った正規報酬をいただくこともございます。)

人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームでしたら不動産売却時に不動産買取の仲介手数料無料
(※但し、ケースによりましては、宅建業法に従った正規報酬をいただくこともございます。)

「買取保証付き」や「不動産買取」の裏事情について

建築協定とは

都市計画法、建築基準法では建築物の制限(集団規定)を定めています。これらは建築物の最低限の基準を定めたものなので、この基準を守っていても、まちづくりや住環境に関する問題が起こる可能性があります。

建築協定制度は、土地の所有者等の全員の合意によって建築基準法等の「最低の基準」にさらに一定の制限を加え、互いに守りあっていくことを「約束」し、その「約束」を市長が認可するものです。認可後の運営は地区にお住まいの市民のみなさんが組織する運営委員会により行われています。
この「約束」は、個人の権利を制限しますが、そのかわりに地域の環境保全、魅力ある個性的なまちづくりの実現に役立ちます。

横浜市の建築協定

横浜市の建築協定の歴史は,昭和32年に,「福富町通建築協定」(中区)が全国で2番目の建築協定として認可されて始まリました。昭和42年に,新規開発地の建築協定として全国で初めての「上飯田モデル住宅地区建築協定」(泉区)が認可され,昭和47年には地元発意の全国で初めての事例といわれる「美しが丘個人住宅会建築協定」(青葉区)が認可されました。
その後,昭和51年の建築基準法の改正によリ「一人協定」が可能になったことや,40年代にはじまった郊外部での住宅地開発のラッシュが50年代も継続したことなどに伴い認可件数は増え続けました。昭和58年頃から,既成住宅地での地元発意のものも増えています。これは,住環境に対する意識の高まりによるものと思われます。
その結果,市内の有効地区数は177地区(本日現時点横浜市公式Webサイトより)となっています。

建築協定で定められる制限

建築協定では、次の項目について定められます。
【敷地】 ・敷地面積の最低限度 ・敷地分割の禁止・地盤面の変更不可
【形態】 ・容積率 ・建ぺい率 ・高さ ・階数
【構造】 ・S造、RC造など、耐火構造
【用途】 ・用途制限
【位置】 ・外壁後退
【意匠】 ・敷地内の緑化 ・屋根・外壁等の色調 ・塀の構造
【建築設備】

建築協定区域

建築協定に同意した土地のことです。従って、建築協定に同意しなかった土地については、建築協定区域外になります。

建築協定区域隣接地

建築協定加入者が、将来的に建築協定区域の一部となることを希望する土地のことです。建築協定区域隣接地の指定をすることで、土地所有者が合意書(建築協定書)と建築協定加入届を横浜市に提出すれば、建築協定認可の後であっても建築協定区域の一部とすることができます。 通常、建築協定認可後に建築協定に加入する場合、区域の変更をすることになるため、協定加入者全員の合意書をとった上で、新たに認可を受けなければなりませんが、この建築協定区域隣接地の指定をしておくことで、上記の手続を行うだけで後から任意に建築協定に加入することができます。

事前協議要望地区

建築協定区域に加え、建築協定区域外(建築協定区域隣接地を含む)で建築計画等の際に地元の建築協定運営委員会が建築確認申請等の前に、計画の内容について事前協議を要望している敷地を指します。地区内の敷地で 建築計画等がある場合には運営委員会に連絡していただきますよう お願いいたします。
また、地区内で建築計画等を行う場合には、建築確認申請等の前に運営委員会と事前協議をすることについて、横浜市よりおす。 事前協議要望地区例
<事前協議要望地区の例>

人工知能やチャットで物件を探す不動産アイケーホームでしたら不動産売却時に不動産買取の仲介手数料無料
(※但し、ケースによりましては、宅建業法に従った正規報酬をいただくこともございます。)

「買取保証付き」や「不動産買取」の裏事情について

横浜市の建築協定一覧

コメントを残す