昔の地図と現在の地図が連動するサービスStroly

不動産事業をしていると、こういった古い地図と今の地図などが連動するサービスというものは良さそう。

京都のスタートアップStorlyが、昔の地図と今の場所などをGPSなどから今の位置情報を連動させるプラットフォームをローンチ。

APIなどは下記のサービスを活用しているようですね。

Mapbox(マップボックス)Twitter(ツイッター)

Leaflet(リーフレット)Twitter(ツイッター)Github(ギットハブ)

昔の地図などは、縮尺や位置情報が正確ではないことが多い。

特に不動産という事業をコア事業として行っているわたしたちにとりましては、お客様によりまして、個人差があるため、役所などでは調査しきれない情報なども取得し参考資料として活用できるかもしれません。


Stroly

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です