昔の地図と現在の地図が連動するサービスStroly

不動産事業をしていると、こういった古い地図と今の地図などが連動するサービスというものは良さそう。

京都のスタートアップStorlyが、昔の地図と今の場所などをGPSなどから今の位置情報を連動させるプラットフォームをローンチ。

APIなどは下記のサービスを活用しているようですね。

Mapbox(マップボックス)Twitter(ツイッター)

Leaflet(リーフレット)Twitter(ツイッター)Github(ギットハブ)

昔の地図などは、縮尺や位置情報が正確ではないことが多い。

特に不動産という事業をコア事業として行っているわたしたちにとりましては、お客様によりまして、個人差があるため、役所などでは調査しきれない情報なども取得し参考資料として活用できるかもしれません。


Stroly

コメントを残す