日本語のWebサイトが世界で戦っていくためのSEO対策

google%e3%83%ad%e3%82%b4

日本の企業が世界で戦っていくためには、当然SEO対策は必須です。

個人的には、十数年前のグーグルページランク(GooglePageRank)が、まだある頃より思っておりましたが、日本語のWebサイトでも良いサービスはたくさんあります。

しかし、あまり良いとは言えない英語(English)で構築されたWebサイトでもGoogle(グーグル)が良いと認識するケースが多いように感じます。

SEO対策で検索一覧で、上位表示されるためのSEO対策の日本語の記事を良く目にします。

あくまでも個人的な現時点での予測ですが、Google(グーグル)はアメリカ合衆国の企業ですので、アメリカ合衆国の公用語、英語(English)がベースになっていることは、否めない要素だとは現時点では個人的には認識しております。

コンテンツの内容が良いことは大前提で、プログラムの開発やソースコードの作り方にも関係しますが…

わたしたちのコア事業は不動産業ですので、専門分野ではないのですが、Google(グーグル)のrobots(ロボット)がどのように判断しているのかは、わかりませんが、アメリカ合衆国の公用語、英語(English)で書かれたWebサイトが優遇されているような気がします。と言いますか、優遇ではなく、Google Robots(グーグルロボット)が英語(English)と相性が良いと言ったほうが、正しいかもしれません。

seo%e7%94%bb%e5%83%8f

例えば、Google翻訳を活用しても、奇妙な翻訳になったっことのある方は多いのでは…

わかりやすく簡単に説明をするのであれば、Google翻訳がわかりやすい例えだと思います。

もちろん日本語のWebサイトで、Google(グーグル)から良いと認識されているWebサイトもあります。

一概には申し上げられなく、Google(グーグル)がどのようなシステムかは、Google(グーグル)の内部の方でもわからない、機密情報だとは思いますが…

個人的に、Webサイトを触ってきてみて思ったことは、日本の企業が世界で戦っていくためには、日本語で書かれたWebサイトよりも、現時点でも、英語(English)でしっかりと翻訳機能と合っている記事を書かなければいけないということを感じます…

Google(グーグル)でさえ、現時点ではGoogle翻訳がうまく翻訳してくれていないということもありますので、これは否定できない要素ではないのでしょうか?

もしも、日本の企業で海外進出するのであれば、きちんとした英語(English)でも認識しやすい記事を書くのか、英語(English)対応プラグラム開発を行う必要があると個人的には考えております。

日本語のWebサイトでも、翻訳機能がわかりやすく日本語を英語に変換できるような日本語の記事を書いた方が、SEO対策になると現時点では個人的には考えます。

専門業界の方からは、それは違うといわれてしまうかもしれませんが、現時点では、SEO対策として考えるのであれば、否めない要素ではないでしょうか…

 

コメントを残す