日本語の人工知能開発の障壁は日本語の素晴らしさ?!

非エンジニアながらコア事業である不動産事業と並行して行っているプログラム開発で、ずっと昔から言われていたことで、実際に現段階で、個人的な見解や個人的に知る限りのエンジニアの方からの回答としましても、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)がなかなか現段階で機能しないのは、日本語の難しさや素晴らしさにあるということが一つの要因にあるように感じます。

英語圏の人工知能(artificial intelligence/AI)は、現段階では、日常会話で違和感のない範囲で機能しております。

もちろん英語圏の有能な開発者が多いということも否めません。

しかし、個人的な見解としましては、現段階で英語の人工知能(artificial intelligence/AI)は、すでに機能しているいるにも関わらず、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)が上手く機能しないのは、日本語の難しさや素晴らしさにあると感じております。

ビッグデータ(bigdata)からある程度の日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)を生み出すことはできることは認識しております。
また、日本は公開APIが少ないということも障壁となっている要因では??

無意識のうちに自ら個人情報を提供している?!

今の社会では、もちろん企業ですからある程度企業が独自開発したものに対しましては、企業秘密ということもあり、オープンにできないことも承知です。
しかし、日本は公開されているオープンデータも海外と比較してみると少ない。

人工知能(artificial intelligence/AI)と騒がれておりますが、現段階で、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)のサービスをローンチされている企業も増えておりますが、いろいろと試してみましたが、日本語の人工知能(artificial intelligence/AI)が現段階でサービスとしてお客様にご提供して良いものなのか、個人的に疑問に思うことはあります。

むしろテクノロジー(Technology)の進化にはもちろん興味があり、新しいことや新しいサービスに関しましては当然良いものと悪いものがありますが、新しいテクノロジー(Technology)や新しいサービスをご提供することは大切なのは十分承知ですが、アナログ過ぎても問題ですが、むしろある程度アナログな部分は現段階では、不十分に感じるため、アナログな部分も最終的にはわたしたちは「人」ですから、最終的にはロボット(Robots)ではないので、人間味を残したサービスを現段階では残した方が良いと感じております…。

実際にCES2017やテクノロジー(Technology)業界でも、60sや70s、80sの製品やサービスが人気を集めていることは事実ですからね。

任天堂(Nintendo)はアメリカのNESに合わせてファミコン復活!!

こちらRetro-Bit(レトロビット)がローンチしたゲームボーイ(Gameboy)のような製品

Retro-Bit(レトロビット)Twitter(ツイッター)

しかし、Retro-Bit(レトロビット)はきちんとゲームを普及された方や企業に敬意を表しているように感じますが…??

コメントを残す