日本の安倍晋三首相真珠湾訪問慰霊

日本の安倍晋三首相(Shinzo Abe Prime Minister of Japan)がハワイ(Hawaii)の真珠湾(Pearl Harbor)に向けて出発しました。

真珠湾では、個人的には、戦争に良い悪いという感覚すらない世界が起きてしまったので、日本とアメリカ合衆国双方の御霊に慰霊をしていただきたいと思う反面、アメリカ合衆国オバマ大統領(President of the United States of America Barack Obama)が原爆被爆地を訪問した際に、原爆投下などに対しての謝罪などはなかったので、日本の首相として安倍晋三首相(Shinzo Abe Prime Minister of Japan)がハワイ(Hawaii)の真珠湾(Pearl Harbor)を訪問する際にも、謝罪することだけはしてほしくない。

なぜならば、戦争そのものが間違えていた、絶対に二度と起こしてはいけないことだと個人的には思うからです。

亡き祖父母は戦争経験者で、わたしの祖父は、戦争に関してのことをほとんど口にしなかったが、戦争というものに対して戦争体験者ではない、わたしに本当に戦争は良くないと言っていました。また、亡き祖父の戦友やいろいろな戦争経験者の方からお話しをお伺いしてきて、戦場では、自らの意識や体力もなく、本当に生きているという感覚がないようなわたしたちからは想像もできない状態でも、自国の兵士様が戦場の道で亡くなられていた時には、人の目に触れない場所まで戦場で亡くなられたご遺体を草陰などに異動して、御霊が恥をかかない状態にしたようです。

これは、当時の社会環境から言えば、非国民なのかもしれませんが、自国の兵士ではなく、戦争の相手国のご遺体を人の目に触れない場所まで異動するという兵士の方もいたようです。

#prayforpeace #nomorewar

ハワイ(Hawaii)の真珠湾(Pearl Harbor)の場所

そして個人的に日本人ならば、観光も良いのですが、戦争で多くの方が身を投げたサイパン島(Saipan)のバンザイクリフ(Banzai Cliff)の場所

他にも日本人としても戦争で亡くなられた御霊の慰霊に訪問したい場所はたくさんありますが…。

さらにいろいろな国が戦争というものの恐ろしさを忘れかけていたり、化学や物理学、テクノロジーの発展をしたとしても二度とそういった新しい技術が間違った方法で利用されないためにも世界中の方に訪れて実際に見ていただきたい場所です。

広島平和記念資料館の場所

長崎原爆資料館の場所

首相官邸Twitter(ツイッター)

アメリカ合衆国オバマ大統領(President of the United States of America Barack Obama)Twitter(ツイッター)やThe White House Twitter(ツイッター)の現時点で、日本の安倍晋三首相(Shinzo Abe Prime Minister of Japan)がハワイ(Hawaii)の真珠湾(Pearl Harbor)へ向けて出発したことに関しては一切投稿がないですし、メリカ合衆国の主要メディアなども現時点では日本の安倍晋三首相(Shinzo Abe Prime Minister of Japan)がハワイ(Hawaii)の真珠湾(Pearl Harbor)への訪問に関してのニュースはあまり取り上げられていないのですが…

日本の安倍晋三首相(Shinzo Abe Prime Minister of Japan)がハワイ(Hawaii)の真珠湾(Pearl Harbor)訪問慰霊に対しての日本のメディアの反応です。

真珠湾攻撃を経験の元米兵、総理訪問「素晴らしい」

安倍総理の真珠湾訪問 米報道官「力強いものに」

日本の安倍晋三首相(Shinzo Abe Prime Minister of Japan)がハワイ(Hawaii)の真珠湾(Pearl Harbor)訪問慰霊に対してのアメリカ合衆国のメディアの反応です。

Japan’s prime minister to visit Pearl Harbor

Japanese PM Abe won’t apologize at Pearl Harbor visit

アメリカ合衆国オバマ大統領(President of the United States of America Barack Obama)が原爆被爆地を訪問した際のスピーチです。

「核なき世界」アメリカ合衆国オバマ大統領 広島訪問声明ノーカット動画

President Obama Participates in a Wreath Laying Ceremony The White House movie

コメントを残す