日本ではなぜ流行らないのか!?クレイグスリスト(craigslist)の使い方

クレイグスリスト(craigslist)はなぜ日本では流行らないのか?

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

アメリカ人やカナダ人、イギリス人などの国の方なら知らない人はいないクレイグスリスト(craigslist)。

クレイグスリスト(craigslist)は、毎月20億ページビューを超えるアクセスがあり、毎月8000万件以上の広告が投稿されている世界で一番大きなクラシファイドサイトです。

そんなクレイグスリスト(craigslist)の日本版は、東京、大阪、名古屋、福岡、札幌、広島、仙台、沖縄のエリアで現時点ではすでにこうかいはされています。

こちらはクレイグスリスト(craigslist)東京版です。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

日本でもフリマアプリを運営するMercariが、クレイグスリスト(craigslist)を少し変えたMercariAtte(メルカリアッテ)はでてはいりものの本場のクレイグスリスト(craigslist)は、前評判を裏切り、現時点ではあまり日本では浸透してはいないです。

そんなクレイグスリスト(craigslist)の使い方を!!

特にアメリカ合衆国では、クレイグスリスト(craigslist)を中心に生活しているといっても過言ではありません。

Craigslist(クレイグズリスト)は、アメリカ合衆国のサンフランシスコにあるCraigslist Inc.によって運営されているクラシファイドコミュニティサイトです。クラシファイドとは求人や広告、今はおおくなってきましたが、出会い系サイト的なことを掲載できるサービスです。

簡単に説明しますと、個人間売買ができるさいとです。または、「これ差し上げます」などといったように、不用品などの引き受け手になってくれる人をみつけることもでます。

わたしたちのコア事業である不動産売買物件情報や賃貸物件情報にシェアハウスの情報や、ファションアイテムや車の個人間取引ができ、手数料もない。

特に、求人広告はアメリカ合衆国では、かなり閲覧されているサイトでもあります。

基本的には個人間で取引をすることができまますが、業者の方なども投稿されるので混合されています。

ちなみにクレイグスリスト(craigslist)の構造は下の図のような感じです。ちょっと古いものですが。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

図を見てもお分かりのように、うまく作られた、キュレーションメディアです。

日本人には馴染みのないクレイグスリスト(craigslist)。

試しに活用してみてはいかがでしょうか?

ちなみに、気をつけていただきたいのは、お国柄にもよるとは思いますが、クレイグスリスト(craigslist)を介しての性犯罪などは、問題にはなっておりますので、気をつけて、うまく、クレイグスリスト(craigslist)の活用をしていただきたいです。

クレイグスリスト(craigslist)東京

Tech×不動産のStartup!!
「新たな不動産取引のカタチ」

「不動産会社はどれだけ儲けているの??」そんな独特な日本の不動産業界に少しでも影響が与えられ、お客様が喜んでいただけるサービスを常に試行錯誤。あたりまえのことがあたりまえではない世の中で、あたりまえのことをして行く。 ご購入をご検討のお客様は、「仲介手数料無料サービス」も行っております。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

ムダな仲介手数料をお支払いする可能性も?!
「仲介手数料無料サービス」

すべての物件が対象という訳ではないのですが、仲介手数料無料でも不動産ビジネスとして成立することが多々あります。不動産購入や不動産売却の「仲介手数料無料サービス」 は、お気軽にご相談ください。(※すべての物件が仲介手数料無料ではないので、お気軽にご相談ください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です