日本が世界一のスーパーコンピューターを開発してディープラーニングに応用?!

スーパーコンピューターの技術では、長年世界一に君臨していた日本ですが、その座を中国に明け渡してしまい、日本は再び、スーパーコンピューターで世界のトップを目指しているようです。日本の経済産業省の予算要求の中には、195億円(1億7300万ドル)の新しいスーパーコンピューターの開発がある。その狙う性能は、130ペタフロップスである。

この数字は、中国が開発したスーパーコンピューターSunway Taihulightの93ペタフロップスを上回り、これを使用するAI Bridging Cloudインフラストラクチャは世界最速のスーパーコンピューターサイトになる。経済産業省の計画では、この超高速を利用して、ディープラーニング(deeplearning)のような人工知能(ArtificialIntelligence/AI)技術の発展を目指しているようです。

K computer Simulation: Prevention and Mitigation of Natural Disasters

あの有名なフレーズ「2位じゃダメなんですか?」という意見には賛否両論ありますが、将来的なことを考えると、やはり1位ではないといけないものがあると再認識しました。

その毎秒130千兆の計算能力はどんなマルチタスクでも余裕かもしれませんが、人工知能(ArtificialIntelligence/AI)のほかにも、自動運転車の開発や医療、ロボットの開発などあらゆるテクノロジーに活用することができます。

このスーパーコンピューターは日本の企業に有料でライセンスされる。

現在の初期的段階で経済産業省はこのコンピューターについての詳細は明らかにはしておりませんが、それらが作られる場所になると思われる産業技術総合研究所のある幹部は、「これだけ高速なコンピューターはほかにない」と語っているようです。

ちなみに今月初めには富士通のOakforest-PACSが、その13.6ペタフロップスの性能で、日本の最速のコンピューターと認定されています。

モノづくり日本の底力の見せ時ですね!!

今や日系大手企業の開発は世界から遅れをとっておりますが、その反面で、新しい優秀な日本のスタートアップも増えております。どの企業でも良いので、ここでなんとか踏ん張って、また日系企業が世界ナンバー1を捥ぎ取り、日本の技術力を見せましょう!!

コメントを残す