新しいアプリはダウンロードしない?!

Adobe(アドビ)が独自調査の発表しました。レポートによると、ユーザーに新しいモバイルアプリを試してもらうのが難しくなってきているようです。ユーザーは、すでに知っていて使い慣れたスマホアプリをよく使う傾向にあることが調査でわかりました。また、アプリの放棄率は上昇していて、アプリのインストール数も前年比6%の上昇に留まった。一方で既存アプリのローンチ回数は上昇している。前年比24%の増加だった。

この傾向は、上位のモバイルアプリ(上位20%のアプリ)で顕著だ。アプリローンチ数は、驚異の62%成長を示した。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

これらの市場調査は、Adobe(アドビ)が毎年行っていてモバイルベンチマークレポートを参照している。1万6000以上のモバイルサイトの2900億回の訪問数、850億以上のアプリローンチ数の解析結果になります。

ユーザーに新しいアプリをインストールしてもらうだけでも難しいが、多くのアプリはインストール後にすぐにアンインストールされる傾向にあることがわかった。

Adobe(アドビ)の調査によると、アプリ放棄率は上昇傾向にあり、平均10個中5つのアプリは10回以内しか利用されない。さらに10個中2つはたった1回しか利用されない。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

ユーザーによって、アプリを削除する理由はいくつかありますが、「役に立たない」という理由がアンケート調査で最も多く見られる回答だったようです(Adobe アドビ は1000名以上のモバイルコンシューマーを対象にアンケート調査を実施しています)。

ゲームアプリは頻繁に削除されますが、これはゲーム系アプリのライフサイクルが短いことにも関係しているだろう。ゲームアプリはユーザーの関心を失いやすく、他の選択肢が多いためだとAdobe(アドビ)は説明しています。ユーザーは、ゲームアプリを使い捨てするものと感じているようです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a34

アプリのローンチ数は日々上昇しておりますが、アプリカテゴリーを見てみると、いくつか突出したカテゴリーがあることに気づく。アプリ平均ローンチ数の2桁成長(前年比)が見られたのは、金融サービス(29%)、旅行(28%)、ショッピング(24%)、自動車(21%)、メディアとエンターテイメント(14%)のカテゴリーです。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a35

アプリのローンチ数の増加に加え、金融アプリにおけるインストール数は20%増加。また、利用率に関しても数字を落とさなかった(前年度比14%上昇)。一方で、ショッピングアプリの利用は劇的に増加した(前四半期比29%の増加)。

この調査結果は、他に出ているレポートと同じ業界トレンドを示している。Android(アンドロイド)と比較すると、iOSがアプリの収益と利用数を押し上げているという傾向にあります。ほかにもミレニアル世代が最もアプリをインストールしていることが分かります。

またAdobe(アドビ)の調査でも、モバイル決済はあまり多くのユーザーに根付いていないことが露呈された。ユーザーの48%は、モバイル決済を使用していなかった。モバイル決済を使用している人の中で最も一般的だったサービスはApple PayとAndroid Payで、これは予想通りの結果だろう。

今やアプリ市場は本当に画期的なものを求めています。または、個人的には、人工知能などしっかりとした機能性を持った新しいテクノロジーが搭載されたアプリでないと、ユーザーもそれを認めないように思います。

さらにSNS上での新しいアプリの「怪しい広告」が目立ち、広告というマーケティングが、ユーザーにとっては、新しいアプリに対しての不信感を与える結果となったため、今回のこのような結果に至ったと個人的には解析します。

コメントを残す