抜けた歯が再生医療の役立つ!!

親知らずなどの抜けた歯で、将来自分や家族たちのケガや病気からの治療に役立つのです。

実は凄い!!抜けてしまった歯には凄いパワーが!!
%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a32

実は抜いた乳歯や親知らずの中には、すごいパワーが詰まっています!!
それが歯髄細胞なのです。

歯髄細胞とは…

「歯髄細胞」は歯の神経のことで、
組織や臓器を修復・再生する能力を持つ細胞のタネ「幹細胞」の1つです。

<抜いた歯から歯髄細胞をとりだすところ 画像>

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a33

人間は、自分で治す力=修復・再生能力を持っています。その力を利用し、病気や事故で失われた臓器や組織を、自分の細胞を使って再生 させようという、最先端の医療技術が「再生医療」です。現在では皮膚の骨の再生、また骨髄移植の現場などの医療現場で使われおりますが、まままだテクノロジーの進化は終わりません。

歯髄細胞バンク 2014年の動画ですが…


これからは、例えば大きなケガを負ってしまった方や、心臓や肝臓、アルツハイマーや病や脳梗塞などの内臓いろいろな再生医療で活躍する未来が来ます?!

テクノロジーは1秒1秒進んでおります。あきらめていたことができるようになる時代もそう遠くはないです。

ちょっと再生医療に関しまして、ちょっと目にしましたので。

コメントを残す